ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

イギリスのゲーム業界団体が、大規模な調査を実施、産業がより一層成長傾向にあると伝え、好調ぶりを明らかに



イギリスのゲーム業界団体が、大規模な調査を実施、産業がより一層成長傾向にあると伝え、好調ぶりを明らかにとしていて、コロナウィルスで騒動があっても、それとは無関係に成長は続いているようですね。



数ヶ月前に予想されていたように、イギリスのゲーム業界を代表する業界団体であるTIGAは、ゲーム制作に携わるイギリスのゲーム会社を対象に大規模な調査を実施し、ロンドンに拠点を置くGames Investor Consultingがデータを分析しました。

そのハイライトをご紹介します。

イギリスのゲーム業界、課題にもかかわらず成長を予測


スタジオのクリエイティブスタッフの数は年率12.2%の割合で急増し、フルタイムおよびフルタイムに相当するスタッフ数は14,353人から16,836人となりました。これは、本調査プログラムが2007/8年に開始されて以来、イギリスのゲーム業界が経験した中で最も速いペースです。
請負業者を含むゲーム開発の総従業員数は、16,532人から18,279人に増加し、過去最高を記録しました。
スタジオが間接的に支援する仕事の数は26,241人から30,781人に増加。
スタジオの総人口は812から1,041に増加し、財務省のためのセクターによって生成された直接および間接的な税収を合わせたものは、747000ポンドから907000ポンドに増加していると推定されています。
スタジオによる年間投資額は8億1800万ポンドから9億9300万ポンドに上昇しました。
英国の国内総生産へのゲーム開発部門の年間貢献度は18億ポンドから22億ポンドに増加しました。
TIGAの会長兼CEOであり、RebellionのクリエイティブディレクターでもあるJason Kingsley OBE氏は次のようにコメントしています。


経済が回復するにつれ、我々は我々の強みを発揮し、ビデオゲーム業界のような比較優位性のある経済分野に投資する必要があります。ビデオゲーム税の減税を維持・強化し、ビデオゲーム投資基金を設立してスタジオの資金アクセスを改善し、教育とスキルを継続的に強化し、スタジオが海外から高いスキルを持った人材にアクセスできるようにすることで、成功をより強固なものにすることができます。

TIGAのCEOであるRichard WilsonOBE博士は、イギリスのゲーム業界が示した力強い成長要因の中でビデオゲーム減税が果たした役割の重要性についても言及しました。

TIGAは、ゲーム開発のコストとリスクを効果的に削減し、ゲーム業界への投資と雇用創出を促進するVGTRの獲得に向けた長い戦いの中で重要な役割を果たしました。VGTRの導入とイギリスゲーム開発部門の雇用増加には明確な関連性があります。英国のゲーム産業はVGTR導入前の2008年から2011年の間に年平均3.1%減少した。VGTR が導入されて以来、年平均成長率は 8.9%となっている。


関連リンク


イギリスのゲーム業界は健全に成長しているようで、コロナウィルスの騒動があっても、その基盤は揺るがない現実があるようで、そういう意味では今後も期待できそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment