ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

元NOAレジー氏が、ゲームストップの取締役に就任して以来、ニンテンドースイッチの配分が適正に行われているのではないかということを示唆させるコメントをCEOが発表



元NOAレジー氏が、ゲームストップの取締役に就任して以来、ニンテンドースイッチの配分が適正に行われているのではないかということを示唆させるコメントをCEOが発表していて、その辺は見直されている可能性は大ですね。


今月初め、GameStopはマイクロソフトとの複数年にわたる戦略的パートナーシップを発表しました。マイクロソフトは、同社が販売するすべてのXboxのデジタル収益をGameStopと共有すると報じられています。

この提携が、GameStop内での他のコンソールメーカーの存在感にどのような影響を与える可能性があるのか、いくつかの懸念が提起されています。幸いなことに、任天堂にとっては - 少なくとも短期的には問題にはならないはずです。

思い出すかもしれませんが、今年3月にレジー・フィルス=エイメ氏(元任天堂アメリカ社長)がGameStopの取締役に就任し、その後Switchの株が上がっているようです。GameStopの George ShermanCEOは、以前の決算説明会で以下のようなコメントをしています。

『我々は任天堂スイッチの公正な取り分以上を受け取っており、それらを非常に急速に売却している 』と述べています。

Seeking Alpha社は、過去のGameStopの任天堂製品の割り当てがあまり良くなかったことを指摘していますが、現在は健全な供給が行われており、たとえすぐに売り切れてしまったとしても、同社のCEOの話を聞くのは興味深いものです。レジー氏もその一端を担っているのかもしれない。

Switchの供給不足はシステムの寿命を通じて問題になってきましたが、今年は特に任天堂に深刻な打撃を与えました。パンデミックの影響で生産が停滞し、『どうぶつの森』のようなゲームは需要を増やしただけです。


関連リンク


いわれてみればレジー氏がゲームストップの取締役になっていたことを思い出しましたね。スイッチの配分も多分考慮されているのでは?というのはうがった見方ではないですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment