ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5のブーストモードの存在によって、PS4のアップグレードの恩恵を受けられるタイトルについて言及※修正済み



PS5のブーストモードの存在によって、PS4のアップグレードの恩恵を受けられるタイトルについて言及しており、、総プレイ時間の長さから決定されたとしていて、どのような見解をしているかですね。



PS5のブーストモードと下位互換性への影響
PS5の下位互換性は、2020年のホリデーシーズンに発売されるほぼ全てのPS4タイトルに対応することが確認されていますが、PS5がこれらのゲームをどのように強化するかについては、この新機能である『ブーストモード』がどのように機能するかが問題となっています。


『ブースト』を使用することにより、PS5は、PS4およびPS4 Proの仕様を完全に模倣するためのモード0およびモード1のエミュレーションプリセットから外れてしまうため、PS4タイトルを想定をはるかに上回る速度で動作させることを余儀なくされてしまいます。

このため、ソニーのエンジニアは、PS4のタイトルをPS5の仕様に対応させるために、個別に作業を進めており、その作業は、PS4の総プレイ時間で決定された上位100タイトルに焦点を当てて行われています。これにより、『Days Gone』や『God of War』、『Gran Turismo Sport』などのファーストパーティの独占タイトルは『Call of Duty』や『Grand Theft Auto V』、『Red Dead Redemption 2』などと並んでサポートされることになりますが、多くの優れたタイトル(プレイ数は少ないが)は残念ながらこの機能強化の恩恵を受けられないことになります。

しかし、PS5の恩恵を受けたPS4タイトルについては、フレームレートと解像度の向上により、ゲームの見た目とプレイの両方が改善されることが期待できます。


関連リンク


※20:00修正アップデート、関連リンクの記事が誤った解釈をしていて、正解はこちら。


PS5は、PlayStation Blogで発表された修正された声明によると、PS4のゲームの圧倒的多数をプレイすることができるようになります。

この声明では、リードシステムアーキテクトであるマークサーニー氏が、週明けのPS5技術仕様発表会での発言でうっかりしてしまった混乱を払拭するためのものとなっています。具体的には、PS5のブーストモードで各タイトルを動作させるために必要な作業に焦点を当てたサーニー氏のコメントで、フレームレートと解像度の向上が約束されています。

『PS4の素晴らしいゲームの数々をPS5でプレイできるようにするために、私たちは多大な努力をしてきました。PS4の4000本以上のタイトルの圧倒的多数がPS5でプレイ可能になると考えています。

下位互換タイトルは、PS5での動作頻度を高めることで、より高いフレームレートまたは安定したフレームレートと、より高い解像度の恩恵を受けることができると考えています。現在、タイトルごとに評価を行っており、オリジナルソフトウェアの開発者が調整を必要とする問題点を発見しています。』

また、マークサーニー氏は、PS4の最もプレイされたタイトルのトップ100を紹介し、当社の後方互換性への取り組みがどの程度進んでいるかを説明しました。すでに何百ものタイトルをテストしており、発売に向けてさらに何千ものタイトルをテストする準備をしています。今後数ヶ月間、PS5の最新情報とともに、下位互換性に関する最新情報をお届けしてまいります。ご期待ください。



関連リンク


元ブログの記事を過去ログを見たところ、同じサイト内で全く異なる見解をしていて(多分書いた人が違う)ミスリードを誘う内容になっていました。100タイトルを見据えただけの解釈だったようですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

元記事読んだんだけどこれ
「プレイ時間の上位100タイトルで調査してる」って
マーク・サーニーが講演時に言ったことを今になって間違って解釈して披露してるだけと違う?

2020/10/19 (Mon) 19:09 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうなんですか、ちょっと見直してみます。100タイトルという
ニュアンスがどうなのかですね。

2020/10/19 (Mon) 19:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment