ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox SeriesXとSに対し、2機種で展開するにあたって、追加の作業量が発生していることをフィルスペンサー氏が認める



Xbox SeriesXとSに対し、2機種で展開するにあたって、追加の作業量が発生していることをフィルスペンサー氏が認めるとしていて、しかし、それがどの程度でどれ位にまで及んでいるのかというのを明言を避けており、気になるところですね。


マイクロソフトは、彼らが次世代を入力すると、関心のアプローチを採用しています。Xbox SeriesXとXbox SeriesSは、異なるオーディエンスに大幅に違う価格と仕様を提供しています。それは消費者の観点からは素晴らしいです。 しかし、開発者のために、ゲームを作りをサポートするために、追加の仕様の作業があるようです。

Xboxのボスであるフィル・スペンサーはそれを認識しています。 あなたが期待するかもしれません、 そして、それが確かに追加の仕事量であることを認めています。 Kotakuとのインタビューで、 スペンサーは、開発者は今、2つのパフォーマンススペックで仕事をしなければならないが、Microsoftは 『市場を拡大するために彼らのデュアルコンソールのアプローチを行っている』と述べた。

『間違いなく、それは仕事です』とSpencer氏は言いました。『それは間違いありません。2つの性能スペックを持っているという事実は、私はここに立ったり、誰かにPRしたりして、2つの異なるスペックが1つのスペックを持っているのと同じだと言うつもりはありません。市場を拡大したいからやっています。』と語っています。


関連リンク


追加の作業量があることを公に認めてますが、はっきりとどの程度といわないと、PSに肩入れしているデベロッパ^-からいいように言われるので、その辺は線引きしておいたほうがいいでしょうね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

初期には「数行の追加でX/Sに対応できる」と言ってましたね(まともに動くかは知らない)

2020/10/19 (Mon) 15:48 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。どの程度なのかをはっきりさせておいたほうがいいですね。
解像度などを調整しただけでも可能だという声もありますし、
どの程度なのかですね。

2020/10/19 (Mon) 16:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment