ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトがXbox Series Sに対しての短い技術DEMOを披露、そのパフォーマンス改善について、フォールアウト4を使い紹介!



マイクロソフトがXbox Series Sに対しての短い技術DEMOを披露、そのパフォーマンス改善について、フォールアウト4を使い紹介!としていて、どのような出来になっているのかというのが見どころですね。


Xbox Series X/Sの印象的な下位互換性機能の印象的な性質を疑う余地はありません。両方のコンソール上でプレイされている4世代にわたるゲームの何千もの上に、 次世代デュオはまた、それが新しい方法で古いゲームを後押しすることができます。より高いフレームレートから、 時には、元々それを持っていなかったゲームにHDRを追加することも可能です。

マイクロソフトがアップロードした短い 『技術デモ』では、彼らはFallout 4のサイドバイサイド比較を示した。 ベセスダのオープンワールドRPGは、一般的に現在の世代のコンソール上で30 FPSだが、Xbox Series Sでは、そのパフォーマンスは2倍であり、60 FPSにブーストされている。以下に見てみましょう。

最近、Xbox Series SはXbox One Xの下位互換ゲームのエンハンスメントをサポートしないが、独自のエンハンスメント(上記のようなもの)を搭載することが判明しました。


関連リンク



下位互換性だけでフレームレートが倍になるとしており、そういう意味では最適化が自動で行われる恩恵がXbox Series Sでも感じられるようですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment