ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

パッチャー氏、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド2は空前の大ヒットを飛ばすだろう、3500万本は行くかもしれないと自論を展開



パッチャー氏、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド2は空前の大ヒットを飛ばすだろう、3500万本は行くかもしれないと自論を展開していて、ニンテンドースイッチ2に移行していなければという注意書きが必要でしょうね。


『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は大ヒットを記録し、多くのユーザーを開拓してきました。オープンワールドに焦点を当てたゲームプレイは、2000万本以上を販売しました。当然のことながら、この成功によって新たなファンを獲得しており、業界アナリストは、続編が出た際には、任天堂の売り上げがさらに伸びるのではないかと考えているようだ。

現時点では、あまり知られていないゼルダの伝説:ブレス オブ ザ ワイルドの続編について。短くて謎に包まれたトレイラーがあるが、これは今後のプロットの概要を示すものではなく、ファンの憶測につながっている。にもかかわらず、多くの人は『ブレス オブ ザ ワイルド』がシリーズにもたらした革新性をベースにした印象的なゲームを期待している。もし次のタイトルがこれを実現できるのであれば、任天堂のハードワークが大きく報われることになるだろう。少なくとも、Wedbushのアナリストが信頼できるとすれば、そうだろう。

マイケル・パッチャー氏は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編に自信を示し、オリジナルと比較して「もっと売れると思う。ゼルダやマリオカート、スマブラなどのブランドで任天堂のシステムを買う人は多いし、次のゼルダが出るまでにSwitchは何台売れているだろうか、7500万台かな?彼らはおそらく次のゼルダのゲームを2500万本売るのに苦労しないだろうし、3500万、さらには4000万も売れるだろう。』

これは、売上がどのように増加するかを理解するための論理的な方法であり、次のゼルダのゲームが到着したときにシステムを持っているより多くのプレイヤー層が間違いなく存在するだろう。アナリストは、個人的な好みに注意し、遅延が実際に任天堂の最も成功したフランチャイズのいくつかを助けることができる方法を説明するために行きました。

パッチャー氏は、任天堂での彼の個人的なお気に入りのフランチャイズはマリオカートとゼルダであることを指摘し、遅延や待ち時間がこれらのゲームの恩恵を受けることができることを追加する前に、そのことを指摘している。彼は任天堂が可能な限り最大の聴衆を集めるためにしようとしているので、次のマリオカートのための長い待ち時間は売れる可能性が高いと主張した。同様に、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編の発売日が決まっていないことも、実際には任天堂に有利に働く可能性があり、アナリストが予測した印象的なマイルストーンにつながる可能性がある。

この印象的な予測にもかわらず、次のゼルダゲームは既存のシリーズを改善しなければならない。それでも、任天堂が満足のいく製品を提供することができれば、パッチャーの氏の推理は揺るぎないものとなり、開発者にとって画期的な成功を収めることができるだろう。


関連リンク


パッチャー氏の占いも、今回は安全な賭けに出たみたいで、それでも3500万本は売れすぎのような気がしますね。スイッチがどこまで成長しているかにもよりますが、2000万本も売れた続編が次を期待するのはわかりますが・・・

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment