ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ホリデーに発売されるPlayStation 5とXbox SeriesX/Sが売り切れる予想が強い中、一番売れるハードになるのはニンテンドースイッチではないかとNPDが示唆



ホリデーに発売されるPlayStation 5とXbox SeriesX/Sが売り切れる予想が強い中、一番売れるハードになるのはニンテンドースイッチではないかとNPDが示唆していて、それだけ潤沢にハードが揃っているのかというのもありますね。


今年のクリスマス、米国市場ではPlayStation 5とXbox SeriesX/Sが記録的なゲーム消費を牽引すると予想されていますが、Switchがトップに立つ可能性が高いようです。

これはNPD GroupのMat Piscatella氏が発表した新しいメモによると、米国のゲームアナリストは、両次世代機が来月発売されたときには、在庫がすべて売り切れる可能性が高いという業界の専門家の間で一般的に信じられていることを繰り返しています。

Piscatella氏は、任天堂がPS5とXbox SeriesX/Sの在庫不足を利用して、2020年も好調な販売を継続する可能性があると示唆しています。

『PlayStation 5と Xbox SeriesX/Sは、2020年の最もホットなホリデーギフトアイテムの一つになるはずです。2021年も引き続き強い需要があるため、台数を確保するのは難しいでしょう』とアナリストは述べています。

『また、第4四半期には複数のSwitchコンソールを購入する世帯が増加しており、Switchもホリデーギフトのホットなアイテムとなるでしょう』とアナリストは述べています。新しいプレイステーションやXboxシステムの在庫が不足しているため、Switchは魅力的な選択肢となるでしょう(供給はまだ難しいかもしれませんが)。

ノートによると、11月と12月を合わせた米国のゲームへの消費者支出は134億ドルに達し、前年同期比で24%増加すると予測されています。

ホリデー期間は2020年の年間消費者支出を500億ドル以上にする可能性があり、これは米国市場の新記録となるとPiscatella氏は書いています。

NPDのアナリストは、『Call of Duty』が米国市場で最も売れているゲームフランチャイズとして12年連続で継続すると予想しており、現行世代のコンソールハードウェアの価格キャンペーンは通常よりも少ないと予測しています。

『2020年の春から夏にかけてのハードウェア需要の急増により、プレイステーション4とXbox Oneの在庫が不足しており、価格プロモーションのインセンティブはほとんど残っていません 』とPiscatella氏は説明しています。

『特にブラックフライデー前後には、レガシーハードウェアのバンドル販売はあるかもしれませんが、2020年のホリデーマーケットにおいては、価格プロモーションが重要な要素になるとは考えていません』と説明しています。

プレイステーション5の発売日は、米国、日本、カナダ、メキシコ、オーストラリア、韓国で11月12日。その他の地域では、1週間後の11月19日に発売されます。

価格はXbox SeriesXが499ドル/€499/£449、Xbox SeriesSが300ドル/€300/£249。どちらのコンソールも11月10日に発売される予定です。


関連リンク


ホリデーでは次世代機が品切れになる中で、ニンテンドースイッチが一番売れるハードになるのではないかとNPDが予想していますが、果たしてその通りになるのかどうか?は動向を注目したいですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment