ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

噂が絶えなかったPS5版『Bloodborne』のリマスター版は偽物ではないと指摘、本当に実現するだろうと示唆



噂が絶えなかったPS5版『Bloodborne』のリマスター版は偽物ではないと指摘、本当に実現するだろうと示唆していて、その辺はリーク師の存在がどの程度の可能性を秘めているかというところにかかってきそうですね。



PCに来るBloodborneの噂や憶測は、今では長い時間のためにかなり一般的であったが、実際に過去数ヶ月間で加熱している。最初は6月にリークされ、我々はそれ以来、PS5とPCに来るBloodborneのリマスターについて聞いたことがある。 どうやらQLOCとBluepoint Gamesで共同開発されているようだ。

ソニーからの発表はまだありませんが、新たな噂によるとリマスターは偽物ではないとのことです。RedGamingTechは先日、PS5とPC向けの『Bloodborne』リマスターが非常に本物であると主張する動画を投稿しました。これはかなり開発が進んでいるとされており、オリジナルゲームにはなかった追加コンテンツも含まれているとのことです。

RedGamingTechは一般的にリークやインサイダー情報には定評がありますが、そのほとんどがハードウェア関連のニュースに限定されていることは注目に値します。最近では、PS5とPC向けに『Metal Gear Solid 1』のリメイク版が開発中であることも明かしています。

Bloodborneについては、先月、新しいプレイテストのラウンドが行われたとの報道がありましたが、これが本当であれば、ゲームの詳細について多くのことが明らかになったのかもしれません。

検証されていないインサイダーのリークについてはいつものことですが、今のところは大いなる噂と見ておいた方がいいでしょう。何か新しい情報が入りましたら、随時更新していきますので、ご期待ください。


関連リンク


ダークソウルに続いてブラッドボーンもリマスターされる可能性が大きいとしており、PSファンは期待度大といったところになってきそうですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment