ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

海外サイトフォーブスが、価格面において、PS5が事実上Xbox Series S/Xに勝利したと伝える



海外サイトフォーブスが、価格面において、PS5が事実上Xbox Series S/Xに勝利したと伝えていて、その根拠とは?としており、デジタルエディションの存在が価値を分けるとしており、その辺の違いを示唆していますね。



2ヶ月後に発売される2つのコンソールの価格を知るために、9月中旬まで待ったのには理由がありました。ソニーとマイクロソフトはどちらも、他方が先に発表されるのを待っていたのです。

マイクロソフトの Xbox Series SとXの価格は先週流出, それ以外の場合、彼らは今週のいくつかの時間を明らかにすることを計画していたとき、インターネットでリークされ公開を余儀なくされたため、PS5にはスペック的には敵わない300ドルの Xbox Series Sと、馬力を考えると600ドルを下回る500ドルの Xbox Series Xで、ソニーを窮地に追い込もうとしたのです。

しかし、またしてもソニーは、次世代機の発売という物語に勝利してしまったのだ。噂されている/リークされた価格は、デジタルPS5が400ドル、ディスクドライブのものが500ドルと、同様に真実であることが判明した。しかし、両者の間には力の差がないので、PS4やXbox Oneのように、ソニーが100ドルの差をつけてマイクロソフトを破り、そのために無意味なディスクドライブを手放したというのが、当然のことのように語られています。

マイクロソフトがもっと高くしていたら、PS5の価格はおそらくもっと高かっただろうという憶測には同意するが、ソニーはその王冠を欲しがっていて、それを手に入れたのだ。400ドルのデジタルPS5でどれだけの損失を出しているのかは知らないが、許容範囲の損失だと同意している。

これもまた、両方の方法で手に入れることができます。昨晩の予約注文の混乱の中で、400ドルのデジタル版よりも500ドルのディスク版PS5の方が在庫が多いことはすぐに明らかになりましたし、初期のPS5採用者の大半が、たとえディスク版を望まなかったとしても、今年の休日にPS5のどのバージョンを持っているかを確認するために、とにかく500ドルを支払うことになりそうな状況になっています。

もちろん、ソニーは昨夜の発表を無傷で乗り切ったわけではありません。PS5の予約状況は、ソニーは今日までライブ配信を行わないと言っていましたが、昨夜は全ての主要小売店で予約が開始され、今朝には全ての商品が完売しています。また、ソニーは『We believe in generations』という考えに立ち返ったことで、『スパイダーマン マイルス・モラレス』や『Horizon Forbidden West would』のような大物タイトルもPS4で発売されることを明らかにし、ソニーファンからは以前にもXboxで『Halo Infinite』を前世代向けに開発することで『延期』したことを批判されていましたが、ソニーは同じことをしてきました。

最後に、ソニーのファーストパーティのゲームの一部が70ドルというストレートな価格になることを明らかにしました。一方、マイクロソフトの独占ゲームはGame Passに組み込まれることになります。

しかし、基本的には、それは問題ではありません。400ドルのPS5と500ドルのXbox Series Xという見出しをつけたのです。300ドルのXbox Series Sがまだ十分な価値があるかどうかを議論することができるので、ここにはニュアンスがありますし、私はそのシステムがマイクロソフトのためにうまくいくことを期待しています。しかし、価格と2020年から2021年にはより多くの排他的なように見えるの間(ゴッドオブウォーを含む、昨夜の時点で)ソニーは強さの位置を保持しています。

ほとんどすべてのゲームがまだ最後の世代のためにリリースされていて、あなたは本質的に既存のゲームへのフレームレートとロード時間のアップグレードのために支払っていると、ロンチ時に正確にどちらかのコンソールを必要とする明確な理由がないので、それはやや皮肉なことです。しかし、これがゲーマーの常套手段であり、私も含めて。我々はまず新しいコンソールを必要としているし、ゲームへの支出が増加しているパンデミックの間は、それはこれまで以上に真実になるだろう。


関連リンク


実際には先程の記事の通り、デジタルエディションはPS5では在庫が限りなく少ない出荷しかしていないという話ですし、これが軌道に乗るのはいつかという部分が大きいですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment