ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

出ると噂されてなかなか発表されない『Mass Effect Trilogy Remastered』はニンテンドースイッチ版もスタンバイしていることが明らかに



出ると噂されてなかなか発表されない『Mass Effect Trilogy Remastered』はニンテンドースイッチ版もスタンバイしていることが明らかにとしていて、同時に出るのか後から出るのかは不明で、その辺も発表の時にわかりそうですね。


『Mass Effect Trilogy Remastered』は2020年10月にプレイステーション4、Xbox One、Nintendo Switch向けに発売されると、新たな小売店の情報が明らかになりました。

ポルトガルの小売店Gaming Replayは、削除された画像の説明で、未発表だが期待されている本作の価格はPS4とXbox Oneが59.99ユーロ、Nintendo Switchが49.99ユーロになると述べています。

GamesBeatのジャーナリストJeff Grubb氏は6月にパブリッシャーのEAが2021年3月に終了する今期決算でMass Effect Trilogyのリマスターをリリースすると主張していました。

また、8月にはEAが2020年10月にMass Effect Trilogyのリマスターを発表、リリースする予定であることを 『かなり確信jしている』と発言していますが、コロナウイルスによる騒動を受けて同社の計画は変更される可能性があると述べています。

『私はそれが現実であることを知っています。本物であることを知るには十分すぎるほどの証拠を見てきたが、まだ2020年なのにまだ発表されていない』と語っています。

2007年から2012年にかけてXbox 360、PS3、PC向けにリリースされたBioWare RPG三部作。

シリーズの人気を考えると(オリジナルの3作は2014年時点で約1,400万本を販売している)、今まで現代のプラットフォーム向けにリマスターされていなかったのは驚くべきことかもしれません。

しかし、マスエフェクトの4作目となる2017年の『アンドロメダ』はシリーズの中で最も分裂的なレビューを受けており、フランチャイズ周りの盛り上がりを削いだ可能性がある。

同ゲームの監督はMike Gamble氏が務めていると報じられていますが、同氏はBioWareで10年にわたりMass Effect 2の開発マネージャーを務め、Mass Effect 3とAndromedaのプロデューサーとしての役割を担ってきました。


関連リンク


今年出るといわれながら未だに発表されないのはなぜか?という気がしますが、出るのはほぼ確定的なようなので、あとはタイミングなんでしょうね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment