ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5とXbox Series Xのタイトルを、PS4とXBOXOne向けにスケールバックするのはかなり苦労を伴うと訴える



PS5とXbox Series Xのタイトルを、PS4とXBOXOne向けにスケールバックするのはかなり苦労を伴うと訴えていて、それに対して現役プログラマーが発言しており、特にネックになっているCPUに関して不満が大きいようですね。


開発者は、クロスジェネレーションのPS5とXbox Series Xのタイトルを、オリジナルのPlayStation 4とXbox Oneのハードウェアにスケールバックするのにかなり苦労している。

少なくとも、Digital FoundryのJohn Linneman氏は一晩中Twitterでそう語っています。Linneman氏によると、多くの開発者が、今後発売予定のクロスジェネレーションタイトルを現行ハードにスケールバックするのは、かなり 『苦痛な』プロセスであることを確認しているという。実際のところ、開発者は2013年に発売されたソニーのPlayStation 4やマイクロソフトのXbox Oneのベースモデルに搭載されている 『パワー不足 』のAMD『Jaguar』 CPU向けのタイトルを開発したくないとLinneman氏は述べています。

『Linneman氏は、次世代機の独占製品がないことについて話しているときに、Twitterに『誰もパワー不足のJaguar CPUのために開発したいとは思っていません』と書きました。『私は、プロセスがこの時点でどのように痛みを伴うかを知っている十分な開発者と話をしてきました。』

エンバークのプログラマーであり、EA DICEの元ソフトウェアエンジニアであるLiza Shulyayeva氏も、この件について言及し、複数のターゲット向けにゲームを開発するのはかなり難しいことを確認しています。同プログラマーによると、現行機と次世代機の両方に対応したタイトルを作るには、多くの作業が必要だという。


『ハードウェアの使用率に関わらず、多数のターゲットに向けてゲームを構築し、認証するのは大変なことです。SDK やその他のツールの互換性の問題は、スタッフやインフラストラクチャの制限と同様に問題となります。これは、10プラットフォーム対9プラットフォームをサポートするために、追加のボタンをクリックすればいいという問題ではありません。』 

ここ数ヶ月の間に、現行世代のコンソールが次期世代のコンソールを抑制しているという報告がいくつかありました。しかし、Xboxの責任者であるフィル・スペンサー氏は、Xboxの場合はそうではないと述べています。

『そう、どの開発者もラインを見つけて、これが私がサポートするハードウェアだと言うでしょうが、PCにおけるハードウェアの選択の多様性は、市場に出回っている最高忠実度のPCゲームを抑えてはいませんでした。最高忠実度のPCゲームは、これまでのビデオゲームで誰もが見たことのないものに匹敵します。開発者はゲームやゲームエンジン、エコシステムを構築する方法を知らないという考えは、PCではそうではないことを証明しています。』


関連リンク


下位互換でのマルチプラットにすれば、それだけボトルネックとなるスペック不足が露呈するようで、その辺をカプコンはあきらめて、バイオ8は次世代機専用にしましたし、各社どういう対応をするかですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

1 Comments

ゲーム情報さん  

何故か日本では「ハードの性能が上がると制作の苦労も増える」みたいなことを言う人がいますけど
実際はハード性能が高いほうが開発が楽なんですよね
やりたいことも実現しやすいですし
次世代機はロード時間短縮などに悩まされることも減りそうですし
できれば早々に次世代専用に移っていってほしいものです

2020/08/15 (Sat) 12:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment