ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5でデュアルショック4が使えなくなることへの弊害とは?



PS5でデュアルショック4が使えなくなることへの弊害とは?としていて、下位互換性ゲームがPS5でも一定数実現するため、当然そこでの問題が発生することを意味して下り、その辺を探るものですね。


ソニーは、PS5のデュアルセンスコントローラの新しい外観をファンに提供し、多くのファンを失望させる可能性のある機能を明らかにしました。PS5のコントローラについては、最初の発表以来、ファンの間では『白を基調としたデザインが気に入らない』との声があがっていました。

ソニーは、PS5の公式サイトを更新し、PS5のデュアルセンスコントローラを360度見渡せるようにしました。新しい外観では、コントローラの背面を見ることができ、完全に滑らかで、背面ボタンがないことが確認できます。プレイヤーは通常、ゲームでより複雑な操作をマップするために戻るボタンを使用します。いくつかのコントローラ, Xbox Elite Wireless Series 2 コントローラーのような、これらのボタンを削除することができますが、背面ボタンが付属しています。

今週ソニーがファンに伝えたPS5のコントローラーに関する残念な情報の2つ目は、PS4のDualShockコントローラーがPS5のゲームでは動作しないことを知って多くのファンが失望したことです。コントローラーはPS5の一部のPS4ゲームで動作しますが、新しいコンソールでローカルマルチプレイを実現するための安価な方法としてDualShockを使用したいと思っていた人たちの助けにはなりません。

DualShockの互換性がないことについても、XboxチームはTwitterで嘲笑していました。Xboxの公式Twitterアカウントは、Xbox Elite Wirelessコントローラなど4つのコントローラがXbox Series Xで動作することをファンに注意喚起しました。

ソニーは、コンソールが発売された後に、PS5のデュアルセンスのバックボタンアタッチメントを発売することを計画しているのかもしれません。PS4のデュアルショック背面ボタンアタッチメントは、次世代機やコントローラの発売を検討している時期に発売されたものですが、プレイヤーの間では非常に人気があったようです。これは、PS5のオーナーが別の背面ボタンアタッチメントを購入しなければならないことを意味しますが、DualSenseにボタンを追加したい場合には、いくつかのオプションをプレイヤーに与えることになります。

このアイデアは、ソニーが他にもいくつかのPS5用アクセサリーを確認していることからも裏付けられています。発売時には、PS5のデュアルセンスコントローラー2台分の充電ドック、HDカメラ、メディアリモコン、新しいヘッドセットなどを購入することができます。これらのアクセサリーは驚くべきものではありませんが、ソニーは、ファンがPS5で使いたいと思うような他のハードウェアを考えていることを示しています。


関連リンク


コントローラーの互換性を無くす必要があったのか?という議論はデュアルセンスに固執したためではないかという説が最有力になりそうですね。PS4の下位互換性もあるのにそれを切ってしまうというのは独自規格を好むソニーらしいですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment