ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチで8月14日に公開される少林寺をモチーフにした格闘ゲー『Shaolin vs Wutang』を紹介!



ニンテンドースイッチで8月14日に公開される少林寺をモチーフにした格闘ゲー『Shaolin vs Wutang』を紹介!としていて、いったいどんなゲームになっているのかというのを確認してみたいところですね。


Godspeed Gamesは、Switchに格闘ゲーム『Shaolin vs Wutang』を公開する予定で、eショップのリストで明らかにした。任天堂のプレイヤーは8月14日にゲームを手に入れることができる。

『Shaolin vs Wutang』の概要とトレイラーは以下の通り。

『Shaolin vs Wutang』は、1対1のインドのカジュアルコンバットゲームで、手と手と武器を使った戦闘、素晴らしい音楽、そしてインスピレーションを受けたグラフィックが特徴です。


派手なエフェクトはなく、古典的なカンフー映画の影響を受けた戦闘だけです。このゲームは、映画からの本格的な戦闘音と、クラシックカンフー映画からの素晴らしい音楽でライセンスされたサウンドトラックを提供しています。

Shaolin vs Wutangは、古典的な70年代と80年代のカンフー映画への本当のラブレターです。これは、カンフー映画に対する途方もない情熱と知識を持った一人の人間によって作られたインディーズの情熱的なプロジェクトです。私達は偉大なカンフー映画の郷愁と回想とブレンドされた満足のいくゲーム体験をプレイヤーに提供することを願っています。


関連リンク





見た目は本当に70年代カンフー映画をそのままゲームにしたという感じで、スピードが速く、攻撃のリズムが他のゲームに比べて難しそうですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment