ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

カプコンで30年のキャリアがある小野氏が会社を退社へと伝わる



カプコンで30年のキャリアがある小野氏が会社を退社へと伝わるとしていて、やはり会社とうまくいっていなかったのかというものであって、今後どんな道を歩んでいくのか非常に注目される人になりそうですね。


『ストリートファイター』シリーズのエグゼクティブプロデューサーである小野氏が、30年近く勤めたカプコンを退社することを発表しました。

小野氏は、eSportsコミュニティを中心としたストリートファイターブランドの復活に貢献してきたことを受け、同社を退社することを決定しました。

小野氏からのファンへのメッセージは以下の通りです。


ストリートファイターシリーズのプレイヤーの皆様、格闘ゲームコミュニティの皆様へ

2020年は世界的に予想外の出来事が多く発生しています。特にCOVID-19は世界中で多くの人々の生活と健康に大きな影響を与えています。皆様と大切な人たちの安全と健康を祈念しています。

2013年のカプコンカップ以来、カプコンプロツアーは毎年恒例のイベントとなりましたが、これもひとえに世界中のプレイヤーや格闘ゲームコミュニティの皆様の多大なるご支援の賜物です。

カプコンでは、CPT2020の開催形式について社内で何度も議論を重ねました。今年のフォーマットが決まるまでに時間がかかりましたが、どんなフォーマットであっても、イベントを行うこと自体が、これまでCPTを応援してくださった方々への恩返しになると考えています。

言うまでもなく、このフォーマットには批判の声もあったと思います。しかし、このような形でも開催することで、様々な希望に光を当てていくことが大切だと確信しています。

また、今年のCPT開催に向けて、これだけ多くのプレイヤーや格闘ゲームコミュニティのメンバー、関係者の方々に支えられてきたことに、大変感謝しています。

私はストリートファイターというブランドに長く携わってきて、良い時もあれば悪い時もありましたし、存在しない時もありました。この10年ほどの間、ストリートファイターブランドのあらゆる活動が太陽を取り戻し、活気を取り戻していく中で、特にこのブランドを温かく優しく応援してくださったプレイヤーの皆様には、心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてこの度、30年近く勤めたカプコンをこの夏をもって退社することになりました。これにより、『ストリートファイター』をはじめとするカプコンの各種タイトルのブランドマネージャーを退任することになりました。

新世代のカプコンスタッフは、今後も『ストリートファイター』のブランドを守り、『ワールドウォリアーズ』を牽引していきます。そして、これからも『ストリートファイター』を非凡なものにしてくれると信じています。次回は、ただの常連ゲーマーの一人として、新しい『ストリートファイター』ブランドがどのように展開されていくのか、楽しみにしています。

今までご一緒させていただいた方々には、辞表を出すことを連絡しています。しかし、30年近くのキャリアの中でお付き合いのあった方全員に連絡を取るのはなかなか難しいので、何卒ご理解をお願いしたいと思います。機会があれば、これまでご縁のあった方々や企業の方々に、温かくご挨拶と感謝の気持ちを伝えたいと思います。

改めまして、多くのプレイヤーの皆様、FGCをはじめとする運営スタッフの皆様、そしてストリートファイターファンの皆様、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。ストリートファイターシリーズのエグゼクティブプロデューサーとして、2020年の各イベントで皆様と一緒に『昇龍拳』を行うことができなかったことを残念に思いますが、最後に皆様へのメッセージとして叫ばせていただきたいと思います。

3
2
1


昇龍拳!


関連リンク


次に進むべき会社が決まっているのか、これから決めるのかはわかりませんが、どのような道を今後たどるのか見守りたいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment