ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PUBG開発者は後20年はこのゲームを続けたいと抱負を語る



PUBG開発者は後20年はこのゲームを続けたいと抱負を語っていて、テクノロジー的にもゲームの進化的にもどうなのかというのがあって、その辺を含めて理想と現実がどこまで一致するかですね。


PUBG は、ゲームの印象的な7000万個の販売マイルストーンの発表とともに、8シーズンを迎えました。

この機会に、ユーロゲーマーはPUBGマディソンスタジオディレクターのDave Curd氏にインタビューする機会がありました。彼はまた、理想的な目標は、ゲームを今でも20年後も長く続けることであると述べました。

『いつかはわかりませんが、もちろんPUBGがソウルと共同で取り組んだ最初のマップであるミラマーに目を向けています。それは将来について考えるのに興味深いものです。

私たちは同じことを見ていると思います。サンホクで何をしましたか?私たちは社内での経験と偏見を持ち、コミュニティに耳を傾け、eスポーツの専門家と協力して、ファンのお気に入りを保護することを念頭に置いて、すべてに新しい絵の具を与えました。現在、マップは現在行われているので、ルートを見つけやすくし、ターゲットをより簡単に識別できるようにしたいと考えています。どのようにしてその本質を保護しながら、合理化してより楽しく、より身近なものにするのでしょうか?サンホックで私たちがデモンストレーションしているレッスン、それらは私たちが将来のマップの更新のために考慮することができるものです。

これは20年後にプレイヤーに参加してほしいゲームで、これからもストーリーを伝えていきたいです。新鮮な体験を提供し続けたい。何でも可能だと思います。』

Dave Curd氏はさらに、PUBGがブロックで最もホットな新しいゲームとなって以来、PUBGに加えられたいくつかの改善点を強調しています。

『2017年のPUBGのビデオを見つけています。まったく違うゲームのようです。これは簡単に実行でき、衣装のみを販売し、安定性の更新、車両の動作の更新、ロードされない武器の更新に多くのリソースを投入しませんでした。これらはすべて、コアゲームがより健全です。私たちは新しいコンテンツで軽く踏み込んでいます。Sanhokを開発したとき、私たちの最初のミッションステートメントは、古いSanhokよりも優れたパフォーマンスを発揮することです。プレーヤは、プレイが悪化すると、新しい興味深いコンテンツを拒否します。』

現在のゲームは、Sanhokが最初に登場したときとは大きく異なります。そのため、おそらく5か月、6か月、または1年間脱落したプレーヤーに、サンホックに戻ってくるだけでなく、ゲームの残りの部分で得られた成果も確認してもらいます。


関連リンク


20年続くかは全くわかりませんが、ゲームの世界がどう変化していくのかというのは非常に興味があって、バトルロワイヤルゲーがこのまま続くのかなどいろいろとありそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment