ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

元任天堂の社長だった岩田さんが亡くなってから5年が経過、最後に手掛けたニンテンドースイッチは大成功に



元任天堂の社長だった岩田さんが亡くなってから5年が経過したとしていて、もう5年、まだ5年というもので、最後の仕事だったニンテンドースイッチは大ヒットしていて、岩田さんも喜んでいるでしょうね。



2015年7月11日、ビデオゲーム業界が深く尊敬する偉大な人物、岩田氏。

岩田さんは任天堂の4番目の社長であり、山内家の外でその地位に初めて昇格しました。北海道札幌市生まれ、高校生の頃からゲームが大好き。電卓で簡単なゲームを作成することへの情熱は、KALBYとBOXBOYのゲームを担当するセカンドパーティスタジオであるHAL研究所と呼ばれるスタジオの設立に発展しました。

岩田氏はHAL研究所で一連の成功を収めた後、任天堂の故山内社長に注目されました。岩田さんは任天堂の経営企画部門を率いて、会社の成長を助けてもらいました。

岩田氏の経営感覚とビデオゲームに対する深い理解の結果、山内氏は後継者として彼を選びました。岩田さんは、山内家に属さなかった初の任天堂社長になった。彼はWiiとニンテンドーDSのリリース、そしてWii Uとニンテンドー3DSでの最も暗い時期もあったものの、任天堂を素晴らしい時代に導きました。

ニンテンドースイッチの時代には岩田さんは私たちと一緒ではなくなりましたが、彼のゲームとプロジェクトへの関与は、世界中の何百万もの人々に喜びをもたらし続けています。彼は多くの意欲的なビデオゲーム開発者と任天堂ファンに深い影響を与えました。今日は岩田さんを思い出してみましょう。


関連リンク


ニンテンドースイッチの成功は岩田氏の目指していた方向性が間違いではなかったことを証明しましたよね。今後岩田さんの遺志を引き継ぐ人が出てくるのかですよね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

スイッチが成功したのは大きいですね。
もし失敗してたらWiiUに続いて失敗したということで、社長としての評価は厳しいものになったはず。
スイッチも最初は売れないんじゃないという意見がかなりあった気がします。
コンセプトもある程度WiiUに似ているところがありますし。

2020/07/13 (Mon) 20:04 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうでしたね。wiiUを発展強化した形がある意味ニンテンドー
スイッチでしたからね。それをうまく昇華させて、スペックも
順当にアップデートしたので、不満点もかなり解消されて、
理想的な形になりましたよね。

2020/07/13 (Mon) 20:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment