ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトはTV映画化される『HALO』に対し、すでに昨年だけで莫大な予算を投じていたことが明らかに



マイクロソフトはTV映画化される『HALO』に対し、すでに昨年だけで莫大な予算を投じていたことが明らかにとしていて、それだけ成功する見込みがあるかという意味では大いに注目する出来事のようですね。


今年後半に差し迫ったHalo Infiniteのリリースは、現在ほとんどのファンの心に最も大きなものかもしれませんが、それはフランチャイズのために取り組んでいる唯一の主要なプロジェクトではありません。HALOテレビシリーズは最終的にMicrosoftと343の産業と一緒にショータイムによって開発されている、そしてそれの音から、彼らは経費を温存していません。

COVID-19が多くの実写作品を停止する前に、多くの映画とテレビシリーズがハンガリーで撮影されていました。ハンガリーは、米国のプロジェクトが撮影する最も人気のあるヨーロッパの目的地の1つです。映画の急増に関するさまざまなレポートによると昨年この国で支出したHaloシリーズは最大の支出の1つで、4130万ドル以上が投入されました。

その金額は、TNTシリーズThe Alienistに続き、2019年に2番目に高いテレビプロジェクトになります。4100万ドルと高額なため、ハンガリーでの9エピソードシリーズに費やされたものにのみ適用されることを思い出しておく価値があります。Showtimeと343が他の場所でHalo  TVシリーズにさらに費やした可能性は十分にありますが、現在のところ、どれくらいかを推測することしかできません。

このレポートが正確であれば、Showtimeと343が各エピソードに少なくとも400万ドルを費やしていることを意味します。他のSFショーのエピソードがはるかに高額であっても、それは多額のお金であり、プロジェクトにそのすべてのお金を投入することで壮大な最終製品が得られるとは限りませんが、ショーのプロデューサーが自信を持っていることは確かです。

支出のほかに、バラエティレポートは、シリーズが生産を再開する可能性がある時期についても触れています。これはコロナウイルスのパンデミックによって中止されました。それは次のように述べているHALOのような他の高プロファイルのSFプロジェクトと一緒に、今年の末までにハンガリーのスタジオで撮影を再開する予定の作品の一つであるの次の映画化もあります。

HALOテレビシリーズは、任意の更なる遅延を除けば、2021年にショータイムで初公開するように設定されています。


関連リンク


世界市場がターゲットなだけに、これだけの大予算を組んで放送をしようとしている訳で、日本のように日本限定のTVドラマとは訳が全く違いますよね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment