ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『任天堂、GCロンチ作品「ルイージマンション」で3D対応を実験していた』コメント記事が掲載中。




GCのロンチ作品となった『ルイージマンション』ですが任天堂はこの頃から3Dへの対応を実験していた
ことが判明した記事が掲載中。岩田氏もこっそりハードに仕込んでいたといってたしね。~以下続きで。




~ソース記事。
http://www.next-gen.biz/features/hideki-konno-discusses-the-3ds

ルイージマンションを担当した紺野氏は『ルイージマンションを開発しているときに
3D効果を可能にするスクリーンに対応する実験をしました。』

『そのときあまりにも3Dパネルの高額さと低解像度でしたがいずれ技術が3Dをサポートする
ことを願っていました。』


・・・と2001年の段階ですでに実験、調査していたことが判明。こういうことはハードメーカー
らしさを感じるものになっていますね。3DSでついに日の目を見た3Dですがルイージマンションは
待望の移植となるのかどうか。

ロンチでマリオを出さずに負けハードの烙印を押されたゲームだけに日の目を見てほしい1作では
ありますが・・・(あとゲームのボリュームが少ないのもちょっと・・・

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

1 Comments

    

大好きだっただけにホントに移植大希望
ついでにピクミンとカービィ64とピカチュウげんきでちゅうも

2010/07/12 (Mon) 09:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment