ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

クラウドゲーミングサービス『PlayStation Now』北米版に新たなリストが加わり、タイトル数は800を超えるとアピール



クラウドゲーミングサービス『PlayStation Now』北米版に新たなリストが加わり、タイトル数は800を超えるとしていて、試す価値は十分にあるライブラリーになっているとアピールしていますね。



ソニーのゲームストリーミングサービスであるPlayStation Nowは、6月にいくつかの注目ゲームを追加しました。これらは4A GamesのMetro Exodus、Arkane StudiosのDishonored 2、Monster GamesのNASCAR Heat 4です。Metro ExodusはPS4でダウンロードでき、2020年11月30日までストリーミングすることもできます。

4A Gamesの絶賛された一人称シューティングゲームシリーズのフォローアップとして、Metro Exodusは、より大きな環境とさらに多くの恐怖を戦わせています。ストーリーは、安全な場所を見つけるためにアルチョムと乗組員が電車でモスクワから逃げているところを示しています。さまざまな場所を訪れるだけでなく、プレイヤーは旅の途中でさまざまな季節を経験します。

一方、Arkane StudiosのDishonored 2は、エミリーカルドウィンがクーデターと戦う素晴らしい続編ですが、以前の主人公Corvo Attanoも利用できます。各キャラクターには、優れたレベルのデザインによって活用される独自の能力とガジェットのセットがあります。

PlayStation Nowの購読に月額9.99ドルを費やすことに熱心でない場合は、初めてのユーザー向けに無料の7日間トライアルがあります。PS2、PS3、PS4の時代にまたがる800を超えるタイトルがあるため、試してみる価値は十分にあります。


関連リンク


日本では18歳以上、クレジットカードのみの対応になってしまったため、せめて携帯払いにも対応してくれればもっと幅が広がると思うんですが・・・

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment