ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ID @ Xboxが2014年にスタートして以来、プレイヤーが費やした額が14憶ドルにも達すると伝える




ID @ Xboxが2014年にスタートして以来、プレイヤーが費やした額が14憶ドルにも達すると伝えていて、それだけ一大ビジネスになっているとしており、インディーズゲームの市場を開拓したものになっていますね。


ID @ Xbox リージョナルリードAgostino Simonetta氏は、最近GamesIndustry.biz Investment Summitに参加し、自己出版プログラムに関するいくつかの重要な統計を明らかにしました。

True Achievementsによって指摘されたように、Simonetta氏は、Xbox Oneプレーヤーは2014年の開始以来、インディーズプログラムからのゲームに14億ドル以上費やしていると述べています。

『IDは商業的に大きな成功を収めました。Xboxゲーマーがプログラムからのゲームに14億ドル以上費やしてきました。その大きな数を示すとき、私たちは、億万長者になるタイトルをリリースするすべての人にコミットすることはできないといつも言っていますが、実際に私たちがコミットしているのは、持続可能で成功を可能にするエコシステムを構築するために、私たち自身とパートナーが常に適切なことをすることです。』

Agostino氏は、ID @ Xbox に関する統計をさらに明らかにし、 Xbox Series X のThe MediumやScornなど、1800以上のゲームが現在活発に開発されていると述べました。また、プログラムがXboxシリーズで果たす役割に関してXの戦略であるSimonetta氏は、これが相変わらず目立つことになることを明らかにしました。

『明らかに、ID @ Xbox は、消費者の観点から、彼らはそれを知っており、それを愛して、開発の観点の両方から、非常に強力なプログラムです。しかし、実際には、Xboxでは、ゲームはゲームです。ID @ Xbox は店舗別のエリアに隔離されていません... ID @ Xboxのタイトルは、FIFA、コールオブデューティ、Halo 6などと並んでいます。』

『2013年に保証したのと同じように、7年後に再びそれを行うことができます。私たちは他のゲームと同じくらい目立つようになります。ID@ Xbox が何であるかを知るために地球上のすべてのゲーマーを愛することを忘れないでください。彼らはプログラムの一部であるかどうかではなく、タイトルの品質を気にする必要があります。』


関連リンク


XBOXシリーズXの時代に入っても続くコンテンツだとしていて、これからも注目してほしいとしていますね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment