ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Paradox Interactiveがスペインのバルセロナに新しい開発スタジオを開設へ、2019年は過去最高の収益を達成



Paradox Interactiveがスペインのバルセロナに新しい開発スタジオを開設へ、2019年は過去最高の収益を達成していて、乗りに乗っているスタジオでもあるため、今後が有望なのは間違いないですね。


Paradox Interactiveがスペインのバルセロナに新しい開発スタジオを開設しました。

Paradox Tintoは、Paradox Development Studioのベテランであり、Europa Universalisフランチャイズの作成者であるスタジオリードのJohan Andersson氏が率いています。

スタジオは、Europa Universalis IVで進行中の開発を処理してから、その戦略を大戦略ジャンルの新しいゲームの作成に切り替えます。

現在、Paradox Interactiveは4か国で7つのスタジオを運営しており、Paradox Tintoは3つのスウェーデンの開発スタジオに参加しています。

『私たちは、私たちが有名なコアゲームジャンルであるグランドストラテジーに焦点を当てた新しいスタジオで初めて拡大することを特に嬉しく思います』と、Paradox Interactiveの最高運用責任者であるCharlotta Nilsson氏は述べています。

『ここ数年のスタジオの成功により、日々、より多くのゲームが活発に開発され、より野心的な計画が進む中で、より多くの機能と新しいアイデアを継続的に追加できました。』

『現在、7つのスタジオ全体で約70のオープンポジションがあり、2020年だけで約200人を採用する予定です。』

Paradoxは4月に、収益と利益の両方の面で、2019年の歴史の中で最高の年を過ごしたと語った。

そして先月、Crusader Kings 3 が2020年9月1日にPC向けにSteamおよびXbox Game Pass 経由でリリースされることを発表しました。


関連リンク


200人も採用へとしていて、それだけ大きな会社になることを意味しており、どんな発展を遂げるか注目ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment