ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチで6月5日に発売される『Outer Worlds』のパフォーマンスの水準を語る、その驚くべき技術によって実現へ



ニンテンドースイッチで6月5日に発売される『Outer Worlds』のパフォーマンスの水準を語る、その驚くべき技術によって実現へとしていて、PS4やXBOXOneで出ていた作品をうまく落とし込んでいるようですね。

 

PCおよび最新世代のコンソール向けにネイティブに作成されたゲームをかなりスペックの弱いいスイッチに移植することは決して容易な作業ではありませんが、デベロッパーは本当に不可能なポートを使用してそれを止め続けて、作成されたどのゲームでも同じことができると確信している人もいます。PS4とXbox One用。Obsidian Entertainmentの  The Outer Worlds は、特に今日の基準では、最も技術的に要求の厳しいゲームとはかけ離れていますが、スイッチ上でどのように実行されるかを知りたいと思うかもしれません。

どうやら、それはかなりうまくいくでしょう。  Outer Worlds パブリッシャーのプライベートディビジョンは、ゲームがシステム上で毎秒30フレームで実行されることを確認しました。解像度に関する限り、ハンドヘルドモードでプレイしている場合、ゲームは720pで実行されますが、コンソールモードでは1080pで実行されます。他に確認されているのは、ジャイロコントロールもスイッチリリースに追加されていることです(ただし、その正確な性質は詳細には記載されていません)。

Outer Worlds は、6月5日にスイッチにリリースされます。PS4、Xbox One、およびPCでも利用できます。


関連リンク


これはスイッチ版がどれ位売れるのか非常に興味深いですね。ハンドベルドでも720pを維持しており、かなりの完成度を誇る1本に仕上がっていそうで、その辺は要注目ですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment