ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ソニックが来年30周年を迎え、セガの飯塚氏がそれに合わせてゲームを用意している中、まだ話すことはできないと拒否



ソニックが来年30周年を迎え、セガの飯塚氏がそれに合わせてゲームを用意している中、まだ話すことはできないと拒否していて、どのような構想でどのハードでどんなゲームになるかというのがまだ不透明ですね。


来年、ソニック・ザ・ヘッジホッグは30周年を迎えます。ソニックチームの飯塚氏は、メジャータイトルが作品に含まれていることをすでに確認しており、セガが青ぼかしの誕生日のお祝いに向けて現在『準備』をしていることについて話しています。

ソニックの公式ライブストリームの最新エピソードでは、セガのソーシャルメディアとPRの責任者である Aaron Webber氏が、ファンが新しいソニックの予告編や種類の公開を期待できる時期を尋ねられました。 Aaron Webber氏はセガが明らかに開発へのアプローチを近年変えた方法を説明しました。そして、待つことが苛立たしいことを理解した間、それはソニックの将来について『本当に興奮していました』。

ここに彼が言わなければならなかったことは正確です:

『かつては毎年のように、新しいソニックゲームがありました。そしてその結果、急ぐ制作スケジュールのため、ゲームの品質は実際に彼らが必要とするほど完全ではありませんでした。』

『数年前、私たちは実際に『それは今後変わるでしょう。私たちは進むにつれて物事にもっと多くの時間を費やすつもりです』と言いました、そしてそれはあなたが予告編やアナウンスの間により長く待たなければならないことを意味します。 ..そして、それは時々、ニュースが欲しいだけですが、それが私たちが今いるところであり、忍耐は結局のところ価値があると思います。』

『私たちはこれから来ることに本当に興奮していますが、今は何も言うことはできません。辛抱強く待っていてくれてありがとうございます。そして、私たちがあなたと共有するニュースや何かがあるとすぐに、私たちは絶対にそれをあなたと共有します。それは私が言える最高のことです。それは、何かを聞くのに少し時間がかかる理由の一種の短いバージョンです。』


今月初め、セガのCEOであるIvo Gerscovich氏が同様のコメントをし、同社が『エキサイティングな』ソニックニュースを持っていて、それを共有するのを待ちきれなかったと述べたと聞きました。


関連リンク


多分PS5とXBOXシリーズX向けの新作でしょうね。ニンテンドースイッチは作っていても別ラインで外注にしていそうな気がしますね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment