ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

元プレイステーションボスのAdam Boyes氏がPS5の現在のアプローチに対し、どういう狙いと意図があるのかと指摘した際、その疑問に触れる(リライト記事)



元プレイステーションボスのAdam Boyes氏がPS5の現在のアプローチに対し、どういう狙いと意図があるのかと指摘した際、その疑問に触れる(リライト記事)PS4の複製ではないとした上で、何を狙っているのかというところですね。



ソニーとマイクロソフトが次世代コンソールに関する詳細と情報を明らかにする際に採用した対照的なアプローチについては、多くのことが行われてきました。マイクロソフトはXbox Series Xのニュースを非常に間近に控えており、12月にボックス自体を公開しながら、ファンが夏の数ヶ月にわたってフォローできるロードマップを提供します。一方、ソニーはカードを胸に非常に近づけています。仕様外のハードウェアとDualSenseコントローラーについてはほとんど知られていませんが、来月のロンチラインナップをこっそりと見ているはずです。

これは、PlayStation 4のリードアップとは対照的です。ソニーは、発売の9か月前の2013年2月のKnackとKillzone:Shadow Fallについて世界に知らせました。これは、日本の巨人がPS5で複製することをファンが期待したものでした。今回それは明らかにせず、そしてコロナウイルスのパンデミックはそれらの計画をさらに台無しにしただけである。それでも、2社を比較すると、アプローチに大きな違いがあり、それはPlayStationの元サードパーティリレーションズの副社長であるAdam Boyes氏が採用したものです。Push Squareとの幅広いインタビューの一環として、Adam氏はPS4の背後にあるマーケティングに深く関わった後、彼の考えを共有しました。

『一般向けの観点からは、コンテンツについてあまり聞いたことがありません。それから、MicrosoftのXbox Series Xのコンテンツデビューでは、ファーストパーティのコンテンツがなかったと並べてください。あなたが何をしているのかを説明するのは本当に難しいと思います。私たちは伝えようとしています。マークサーニー氏の話のように、PS5を魅力的だと思い、私たちの開発チームは月を超越していて、それはとてもGDCによる専門的な話でしたが、多くのファンは『スクリーンショットを見せて』のようでしたね? 』

次に、Adam Boyes氏、コンテンツをすぐに楽しむ必要性を感じる視点に合わせて、私たちの文化がどのように変化したかを説明します。『私たちは以前のアプローチをコピーして貼り付けることに慣れていると思いますが、今のところ、実際のロンチに近いものを見たいと思っています。あまりにも多くの人が、それをコンソール戦争の戦いとしてまだ見ていると思います。私は、彼らは以前とは明らかに異なるアプローチをしていると思います。しかし、世界は別の場所にいます。私たちは皆、家にいて、お互いを大事にしようとしている時期です。心配しないで。』


関連リンク


コロナウィルスでいつも通りの戦略をやめたというニュアンスに聞こえるんですが、その辺はどのような考えが本当にあったのかというところですね。GDC講演をそのまま流したのはどうだったのかという気がしますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment