ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ベセスダのもう1つの制作タイトルでもある『Starfield』が現在レーティングの審査に入ったらしいと伝える(リライト記事)



ベセスダのもう1つの制作タイトルでもある『Starfield』が現在レーティングの審査に入ったらしい(リライト記事)早ければ2021年になる前に出る可能性があるとしていて、その辺の動向が注目されそうですね。


ベセスダがThe Elder Scrolls 6よりもゲームに関する情報を少なくした場合、それはStarfieldです。ユニバーススペースのRPGはE3 2018でも公開されましたが、それがどのプラットフォーム向けにリリースされているのか、ゲームがどんなものなのかはまだわかりません。しかし、それはすぐに変わる可能性があります。 公式Webサイトは、ESRBによって『Rating Description Pending』ロゴに更新されました。

これは、何カ月後に見られるべきかについては明らかになることを示している可能性があります。ベテスダが通常のメジャーリビールのパターンに従う場合、Starfieldは最初にティーザートレーラーを受け取り、拡張されたショーケースでのゲームプレイの壮大なリビールを受け取り、その後数か月後にリリースされます。それが6月~7月に発生した場合、10月~11月に到着する可能性があります。

COVID-19コロナウイルスのパンデミックによって開発がどのように影響を受けたかはまだ不明です(特に、Fallout 76の Wastelandersの更新が遅れたため)。ベセスダは今年の後半にもゲームを公開し、2021年の初めにリリースする可能性もあります。それにもかかわらず、それについて詳しく知るためにあまり長く待つ必要がないかもしれません。


関連リンク


実際にはいつ頃のリリースを目指しているのかというものであって、そもそもコロナウィルスで先行きも不透明な中で、今年の年末に間に合うのか?という部分もありますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment