ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

フィルスペンサー氏がXbox Series Xでにoptical audio port がないことに対し、初めて言及、コスト面での制約から外れたことを認める



フィルスペンサー氏がXbox Series Xでにoptical audio port がないことに対し、初めて言及、コスト面での制約から外れたことを認めていて、ヘッドフォンなどを提供しているメーカーとの調整も行っているようですね。


Phil Spencer氏がIGNとの 1時間におよぶ(そして素晴らしい)インタビューで話し合った他のことは、Xbox Series Xでにoptical audio port がないことでした。新しいシステムでは欠けていると聞いていましたが、今まで、理由について具体的な理由がありませんでした。

『すべての限界費用は重要です。それで、おそらく1ドルまたは2ドルのコンソールの部品を見て、『大丈夫、コンソールの内部の取引はどれほど大きいですか?』それは数百ドルです。しかし、あなたは言う、『そうだ、これらのコンソールを1億個売るつもりだ。』つまり、1億ドル中2ドルで、プログラムの全期間で2億ドルに達します。』

Phil Spencer氏はさらに、マイクロソフトがXbox Oneのoptical audio port を使用している人の数を知っていることを明らかにしました。彼はまた、一部の人々を失望させるかもしれないことを知ったが、同社は『将来への計画を持っている』と認めた。

『このすべての前に、ヘッドセットの製造元と話し合いました。したがって、立ち上がってアクセサリーがうまくいくと言ったとき、綱渡りはしていませんでした。すでに話し合いがありました。』

これを反映して、メーカーのAstro Gaming は最近、optical audio port がなくても、Xbox One用に設計された現在の製品(ヘッドセットなど)のすべてがXbox Series Xで機能することを発表しました。


関連リンク


利用者数がそれほど多くないというのも決定打になったようで、コスト削減もしっかりと追求したハードであることは伝わりますね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

まぁソニーの規格やからな

2020/04/04 (Sat) 02:53 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

ああそうでしたかー。まぁ、それなら致し方ないですね。

2020/04/04 (Sat) 02:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment