ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ゲーム情報&ブログ、企画ものをスタート、ゲーム会社評価(仮称)始動!を告知、最初に手掛けるメーカーは天下の任天堂!



ゲーム情報&ブログ、企画ものをスタート、ゲーム会社評価(仮称)始動!を告知、最初に手掛けるメーカーは天下の任天堂!としていて、ゲーム『情報』ブログだけではないこともやっていきたいということでキカタンを始動させます。





まず、何から始めるか?と考えたときに、ゲームメーカーを評価するという大胆かつかなり傲慢なアイディアが浮かんで、最初は別の会社でやろうと思っていたんですが、やはり、ここはひとつ、ファミコン以降の任天堂を取り上げて連載していこうと考えた次第です。基本的には、ゲームの歴史、ゲームの知識、ゲームの思い出という3柱で構成した文章でこれでもかというほど掘り下げたいという考えを持っています。なにせ、構想まだ1日なのでw数日間は熟成させてから始めたいと思います。




ファミコンミニが発売されて、ファミコンが見直されていますよね!
 




第1回の予定は、1983年にうぶ声を上げたファミリーコンピュータのそのスペックと歴史背景、当時としてはずば抜けていたポテンシャルとロンチタイトル、それにまつわる思い出と自分が本格的にファミコンに足を踏み入れたきっかけとは?というところまでを紹介したいと思います。時代背景や、如何にして、ファミコンは根付き始めていったのか、■ボタンはいつ無くなった?などファミコンあるあるネタも盛り込みたいと思います。何せ第10回~第20回くらいもくろんでいるので野望は大きいですね





2年~3年単位で(もしくは1年の場合も)で根掘り葉掘りと取り上げていく予定です!




更新はいつからスタートするかは未定
です。さっきも言った通り構想1日なのでw数日間は構想を温めてからブログと向き合いたいと思っています。ちなみに今週の土曜日は用事があってお休みですが、その次の日曜日は公開しません。(4月5日に公開!)ファミコン時代~スーパーファミコン時代までにバトンタッチするところまでの構想を描いており、そのリアルタイム世代とファミコンが頂点を極めた歴史を振り返り、その間PCエンジン、メガドライブなどが出た歴史背景も軽く触れる予定です。





ファミコンの1強時代が色濃いですが、ライバルもいましたね。



1983年当時、自分は竹の子族でも大人でもない、幼い少年だったので、その等身大な目線を基に、思い入れたっぷりに連載したいと思っています。オフィシャルブックは形式ばっていて、どうしても商品として成り立たたせるための型にはまっているので、それを取り除きたいのと、某同人誌のような豪華ライターなど1人もいませんw

1ブロガーのキカタンものなので、モチベーションがすべてです。ファミコンがどうして人気を集めて、少年少女(ここ大事)の心を鷲掴みしたのか、そして、どういう背景があったのかをスマホのない時代、如何にして盛り上がっていったのかを読み解いていきたいと思います。こうご期待!




任天堂のファミコンソフトにイラストが入るようになったのはいつからかな? など小ネタを取り入れていきます。







ファミコン世代はもちろん、それ以外の世代の人などにも伝わる内容に仕上げていきたいです。

 [ゲーム]ゲーム情報&ブログ企画もの

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

FC~SFCの頃は混沌としていたけど、ある意味とても平和だった。自分が持ってないハードをディスるような奴はいなかったしね。
PCエンジンとかメガドライブを友達の家で見たときはスゲーって素直に思ったよ。とがったゲームが多かったから、やっぱり任天堂ハードが一番だなとも思ったけど。
初代ファイアーエムブレムを全員生存でクリアしたり、DQ・FFを一作目からリアルタイムでプレイできたのは大きな思い出だよ。
いまの子供たちにはDQ・FFの何がすごかったのかなんて分からないんだろうなーと思うと、歳を取ったんだなーってしんみりしちゃうね。
面白い記事になることを期待しています。頑張って下さい。

2020/04/01 (Wed) 01:25 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。今夜徹夜してある程度まで書き終えました。後はTOPの
始まりから、そして、TOP絵を作るのと正式名称を書く位ですね。
連載ものなので、多分ファミコン辺は3回位になりそうです。
その後スーファミ編までやるかどうかはまだ思案中ですね。

2020/04/01 (Wed) 03:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment