ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

スクウェア・エニックス、コロナウィルスによって、ファイナルファンタジーVIIリメイクが一部の地域で早期にリリースされることを確認



スクウェア・エニックス、ファイナルファンタジーVIIリメイクが一部の地域で早期にリリースされることを確認としていて、発売日より前に受け取る店舗が増える可能性があると示唆されており、その辺はコロナウィルスの影響だとしていますね。



スクウェア・エニックスは、ヨーロッパとオーストラリアで予定より早くファイナルファンタジーVIIリメイクの物理コピーを出荷したことを確認しました。つまり、一部のプレイヤーは早期にゲームを受け取ります。

決定はCOVID-19のパンデミックによって引き起こされた混乱のためになされたと、パブリッシャーはは月曜日の声明で述べました。

今月初め、ファイナルファンタジーVIIリメイクの物理的な先行予約の一部が、 4月10日のゲームのリリース日に間に合わないことを警告しました。

ただし、『最大の混乱』に直面している地域のプレイヤーにリリース前にプレイする最高のチャンスを与えるために、ゲームの物理コピーを早期に出荷することが決定されたことが確認されました。

野村哲也監督とプロデューサーの北瀬氏は、『COVID-19ウイルスの蔓延による流通チャネルの混乱により、発売前の最後の数週間は難しい決断を下した』と述べた。

『これらの独特な状況により、当社の世界的な出荷のタイミングを合わせることが非常に困難になりました。』

『私たちの最優先事項は、現在最大の混乱に直面している国に住んでいる人を含むすべての人が発売時にゲームをプレイできることです。そのため、私たちは通常よりはるかに早くゲームをヨーロッパとオーストラリアに出荷することを決定しました。』

『その結果、これらの地域の一部のユーザーが、4月10日の世界的なリリース日より前にゲームのコピーを入手できる可能性が高くなります。』


関連リンク


地域によって4月10日以前に発売されると容認したことを意味しており、どの地域が一番早く解禁されるかというところになってきそうで、日本は多分発売日通りでしょうね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment