ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

4月3日に発売になるバイオハザードRe3に対し、ロンチ時期にソフト供給不足になる可能性がると示唆



4月3日に発売になるバイオハザードRe3に対し、ロンチ時期にソフト供給不足になる可能性がると示唆していて、コロナウィルスが原因だとしており、ブルーレイディスクの生産体制に問題が生じるのか?といえそうですね。


カプコンヨーロッパは本日、バイオハザードRe3のステータスに関する声明を発表しました。2020年4月3日にリリースされるサバイバルホラータイトルはわずか数日先ですが、コロナウイルスに対する世界的な強化された対策により、ゲームが後退することを想定して多くの人が残されました。良いニュースと悪いニュースがあります。

ゲームのリリース日は計画通りで、4月の初めにまだ来ています。ただし、ゲームの物理的なコピーは、発売日に不足する可能性があります。『バイオハザードRe3の全世界での発売日は2020年4月3日のままですが、ヨーロッパの一部の市場では、ゲームのディスクコピーを含む物理的な商品の配達や入手が遅れる可能性があります』

小売業者や流通パートナーと協力して、適切な対策を講じていることを確認していますが、これは最終的に、ゲームの物理エディションが予想よりも遅くなることを意味するようです。カプコンは、ディスクコピーの事前注文がある場合は、より正確な更新について販売店に連絡するよう指示しています。

現在の状況を考えると、この種の混乱は予想されますが、うまくいけば、予約注文は比較的迅速に実行されます。私たちは待って見なければなりません。同様の問題に直面するために、今後数ヶ月のゲームリリースを予想しています。


関連リンク

生産をしているのがどこなのか不明ですが、コロナは今や世界中に蔓延しているだけに、中国だけとは限らないですしね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment