ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

DOOM64海外レビュー、ゲームの本質がしっかりとしており、リマスター化されてもそのクオリティは色あせない



DOOM64海外レビュー、ゲームの本質がしっかりとしており、リマスター化されてもそのクオリティは色あせないとしていて、その辺はN64で長年独占状態だった作品がやっと他のプラットフォームでも遊べることになりましたね。


DOOM 64は単にオリジナルのDOOMをNintendo 64に移植しただけではなく、Midway Gamesによって開発された本格的な続編であることを忘れがちです。これは実際にはかなり印象的な一歩だったことを忘れるのはさらに簡単です。照準はまだ古風で、横方向の照準のみですが、レベルのデザインは記念碑的な飛躍を表しています。

理由もなくアイテムと敵が散らばっている一見ランダムな部屋のシリーズはなくなりました。DOOM 64のレベル設計の複雑さは飛躍的に増大しています。最初の数レベルでも、複数のステップを含むパズルは実行可能であるだけでなく、環境の手がかりを使用して簡単に対処できることが明らかになります。これは、基本的に壁から頭を跳ね返して前のDOOMエントリで正しいキーを見つけたときとはまったく対照的であり、シリーズが最終的にDOOM Eternalでどのようになるかを明確に示しています。

DOOM 64の特にユニークな点の1つは、サウンドトラックにあります。ハードエッジのメタルサウンドはなくなりました。ゲームには驚くほど気味悪いアンビエントスコアがあり、ゲームの環境がいかに不安かを増しています。確かに、あなたは地獄でさまざまな悪魔を殺しているかもしれませんが、音楽は本当にタイトルの環境を示しているようなものです。これのもう1つの要因は、20年前のタイトルでは色と影の使用が驚くほど堅牢であるため、移植のために修正されたように見える照明です。古くならないのはシューティングギャラリーです。一部のレベルでは、敵のスポーンの量が多すぎるため、ガンプレイが単調になりすぎています。これは特に、『古い』DOOMを『新しい}DOOMに接続することを意図した真新しいボーナスミッションである『The Lost Levels
』に当てはまりますが、最終的には歓迎され続けます。



関連リンク

クラシックながら作品そのものはしっかりと作り直されているので、その辺は今時のゲーマーが遊んでも退屈しないクオリティに仕上がっているようですね。

 [ゲーム]海外レビュー

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment