ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

最新作がVRでリリースされる『Valve』に対し、今後もVRのみに専念していくわけではないと言及



最新作がVRでリリースされる『Valve』に対し、今後もVRのみに専念していくわけではないと言及していて、どの程度のかかわり方をしていくのかというのが話が見えるかですね。



Half-Life が脚光を浴びるようになったことは、2007年のHalf-Life 2:Episode Two の後にシリーズが大きく中断したことを考えると、大きな問題でした  が、Valveが数か月前に発表したときに、  Half-Life:Alyx はVRになります。その独占タイトルは、そのカムバックをさらに特別で珍しいように見せました。デベロッパーは、ゲームの発売に至るまでの数週間、バーチャルリアリティを中心に設計されていることがエクスペリエンスの大部分を占めていることを強く主張しました。リリース以来、非常に効果の高いギャンブルであることが明らかになりました。

しかし、これは、Valveが将来のすべてのリリースでVRのみに焦点を当てることになるという意味ですか?彼らはあまりにも長く前にいることではないと述べ   将来に渡り、VR専用に構築されますか?それは必ずしもそうではありません。

VGCと話すと、ValveプログラマーのRobin Walker氏は、これは必ずしもスタジオ内での義務ではない、と述べました。実際、彼らは明確な計画を立てておらず、さまざまな機会が出現するので、いろんな種類のゲームに取り組むことに非常にオープンです。

『非常に短い答えはノーです。すべてのVRに取り組んでいるわけではありませんが、VR以外のすべてに取り組んでいるわけではありません』とRobin Walker氏は語った。『そのような発言は決してしません。私が最近話し合ったジャーナリストの何人かは、10年前にGabeがシングルプレイヤーゲームを再び作ることはないだろうというコメントを持ち出しました。』

『彼の発言にはそれよりもニュアンスがありましたが、ビデオゲームの状況の状態が5年または10年後にどうなるか誰も知らないので、実際には、将来XまたはYを行うとは決して言えないはずです。』

『私たちが会社として持っているものの1つは自由です』と彼は続けました。『私たちはそれのためだけに続編を作成する必要はありません。ビデオゲームがどうなるかについて将来の特定のビジョンに固執する必要もありません。この種の質問への回答を拒否していると思うプレイヤーにとっては、おそらくイライラすることでしょうが、正直なところ、私たちにはわかりません。』

『今から5年後に何をするかわからないので、私たちやお客様が今日その決断を下すのに役立つとは思いません。だから何が起こるかを考えましょう。』


関連リンク


責任感とか使命感とかそういうのにあまり縛られない会社で自由な社風なんでしょうね。一見無責任に聞こえますが、それだけふり幅も大きな会社なようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment