ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Infinity Wardは、Call of Duty Warzoneのアップデートの展開を延期を決定したと伝える



Infinity Wardは、Call of Duty Warzoneのアップデートの展開を延期を決定したと伝えていて、その理由とは?としていて、その辺は何か不都合でもあったのかといえそうで、今まで順調にサービスが展開されていたのに何が問題だったのか?



Infinity Wardは、Call of Duty Warzoneのアップデートの展開を延期しました。これは、過去数時間でライブになる予定でした。

Twitterで発表された声明の中で、開発者は延期の理由を明かしませんでしたが、『近いうちに』アップデートを再配備しようとするつもりだと述べました。

ゲームのアップデートは、とりわけ、新しい武器とキャラクターをWarzoneに追加するためのものでした。

インフィニティウォードはまた、アップデートには新しい『無料モード」が含まれると述べ、デュオまたはクワッドチームのセットアップをアクティブ化する計画があった可能性があることを示唆した。

150プレイヤーゲームモードでローンチしましたが、開発者のInfinity Wardは、今後200プレイヤーの試合をサポートし、新しいゲームモードに取り組んでいると述べています。

Call of Duty Warzoneの最新アップデートでは、ゲームのバトルロイヤルモードにSolosオプションが導入されました。

Call of Duty:Warzoneは、Modern Warfareのバトルパスと統合された進行を特徴としており、同じアイテムショップを共有しています。

出版社のActivisionによると、Warzoneはリリース後10日間で3000万人以上のプレイヤーを魅了しています。

比較として、2019年2月にリリースされた無料のバトルロイヤルゲーム仲間Apex Legendsは、24時間で約250万人、3日間で1000万人、1週間で2500万人を集めました。


関連リンク


詳しい説明は特になしとしており、まぁ近いうちの再トライとなるらしいので、その辺はロードマップ通りに進めることができるかですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment