ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

任天堂の就活サイトが学生たちに評判だったことを伝える



任天堂の就活サイトが学生たちに評判だったことを伝えていて、何がどうよかったのかというところであって、その辺は任天堂としてもアピールのしどころだったのかもしれないですね。



就活生以外でも読んでいて面白い
 その「採用ブランディング」の中で核となる施策が、企業の採用サイトだ。


 筆者が前職で採用業務を担当していたとき、入社者全員に採用ツールに関するアンケートを取ったことがある。その100%が採用サイトを閲覧しており、「最も参考になったツールは?」との問いの答えも、やはり採用サイトがトップだった。

 そんな企業の採用ブランディングの軸となる採用サイトにおいて、中でも圧倒的な成功事例として今回取り上げたいのが、大手ゲーム会社「任天堂」だ。

 SNSでの投稿を調べてみると、例えば下記のようなコメントが並んでいる。


「任天堂の新卒採用情報は毎回見てるけど、本当にドキドキワクワクする!」

「何というか仕事の全部が詰まってる」

「各部門の担当者の人が『こういう考え方で仕事をしています』という記事を書いている。これは…みんな任天堂で働きたくなるやつ」

「この任天堂の採用サイトいい。職種ごとの説明というより物語になっている。ビジネスマンが読んでも勉強になること多い」

 この中には就職・転職志望者ではないと思われるユーザーのツイートも含まれていることから、「採用情報を知るためのサイト」としてだけではなく、「読み物」としても評価されているのが特徴だ。


『ゼルダ』であえて「馬」を切り口に
 『仕事を読み解くキーワード』は、新卒・中途採用希望者向けに、自社の仕事内容を職種ごとに説明しているページだ。「理工系(ソフト・ハード)」「デザイン系」「サウンド系」などのカテゴリーに分かれており、それぞれの仕事内容が1ページずつで紹介されている。


 まず驚かされるのがそのバリエーションの多さ。なんと、59職種がそれぞれ丁寧に紹介されているのだ。仕事紹介の記事として、ここまで幅広く網羅されている採用サイトは珍しい。

 しかも、その中には「通訳コーディネート」や「社内システム開発」など、ゲーム開発の“裏方”的な仕事もきちんと掲載されている。まさに「職業に貴賎無し」という印象だ。

 加えて、網羅性の高さはそのままに、いたずらに多くの記事を掲載するのでは決してなく、その一つひとつのテーマが面白い。学生が読んでも惹き込まれるエピソードを、巧みに社内から拾ってきている。具体的に筆者が興味を持ったのは、以下の通りだ。

----------
・『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の馬の動きのプログラミング
・『Splatoon(スプラトゥーン)』のオリジナルなフォントデザイン
・『Nintendo Switch Lite』内部の基盤設計
・『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の海外版の法務チェック
・『ヨッシーのあみぐるみ(毛糸で編まれたぬいぐるみ)』の生産技術
----------


 大ヒットした『ゼルダの伝説』のプログラミングを取りあげる切り口も、主人公のリンクではなく馬!  パッと見の派手さを追求するのではなく、「そこを取り上げるのか!」という良い意味での意外性と、仕事のオリジナリティが伝えられるエピソードを丁寧にチョイスしている。

 筆者自身は、ゲーム会社の採用担当を務めていたこともあるが、正直、この“目利き力”には感服した。また、おそらく人事と現場の開発スタッフとの関係性が良好だからこそ、このようなネタを掘り起こせているのだと考えている。


関連リンク


職種が59種類もあって、その中からいろんなコンテンツを見られるとあって、貴重な情報も得られたようですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment