ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5のカタログスペックを見た限り、大惨事に思える中、エンジニアからは別の声も上がり、特にSSDに可能性を感じさせると言及



PS5のカタログスペックを見た限り、大惨事に思える中、エンジニアからは別の声も上がっているとして、特にSSDに可能性を感じさせると言及しており、その辺はどのような見解をしているのかですね。


純粋に一般向けの観点から見ると、ソニーのPS5ムービー『deep dive』は大惨事ですが、結局のところ、業界内で働いているさまざまな開発者はコンソールの可能性に非常に興奮しているようです。コンソールの技術が明らかになって以来、さまざまな開発者が、超高速ソリッドステートドライブや新しい3Dオーディオエンジンなど、より印象的な側面について話をするようになりました。ソニーの新しいコンソールに感銘を受けたもう1つの業界の専門家は、IntelのエンジニアであるDietmar Suoch氏です。

Suoch氏はTwitterページでコンソールの技術を明らかにし、ソニーはPS5のアーキテクチャの設計で『いくつかの非常に賢明な選択』を行ったと述べました。SuochはコンソールのSSDについても言及し、その改善を『印象的で、長期にわたる』と呼び、GPUの改善は『素晴らしく期待されている』とも述べました。彼もコンソールのオーディオエンジンであるTempestについて言及し、『可能性に拍車をかけた』と述べました。

PS5の技術に関する意見に関する限り、開発者と視聴者の間には大きな格差があり、確かに、コンソールでのソニーの情報の貧弱な展開がその中に大きな役割を果たしました。これがすぐに変わることを望み、このシステムについて私たち自身にとっても非常に印象的なものを見ることができます。


関連リンク


PS5の発表方法は明らかに大失敗だったのは明らかですが、技術に精通している人はそれほど悪くないという印象を持っており、記事でも書かれているように格差が大きな視点が生まれていますよね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment