ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチは2月のNPDからの報告によって、ベストセラーゲームハードになったと伝えられる



ニンテンドースイッチは2月のNPDからの報告によって、ベストセラーゲームハードになったと伝えられていて、コロナウィルスの影響が大な中で、いつまで在庫を確保できて、そして、市場に投入できるか不透明になってきましたね。



米国では今年、ビデオゲームハードウェアの販売が減少し続けていますが、ニンテンドースイッチは依然として好調です。NPDグループによると、それは2020年2月と年間で最も売れたプラットフォームでした。その月のユニット販売とドル販売の両方で競争を勝ち取りました。

そうは言っても、ハードウェアの販売数は見た目がよくありません。支出は2019年2月と比較して34%減の1億8300万ドルでしたが、年間支出は3億1200万ドルで、35%の減少となりました。これの多くは、次世代のコンソール、特にXboxシリーズXおよびPS5の今後の予定によるものです。あつまれどうぶつの森ような限定版が今月リリースされ、ニンテンドースイッチが再び支配的になることを期待してください。

ただし、アクセサリに関しては、マイクロソフトはXbox Elite Series 2ワイヤレスコントローラーを使用しているようです。NPDアナリストのMat Piscatella氏(VentureBeat経由)によると、『Xbox Elite Series 2ワイヤレスコントローラーは、4か月連続でベストセラーのビデオゲームアクセサリーでした。年初から最も売れているアクセサリーです。』これは、アクセサリとゲームカードへの支出が14%減少して2億6500万ドルになったにもかかわらずです。今月はどうなるか、特にCOVID-19により多くの消費者が家にいて、恐れていることがわかります。


関連リンク


ノーマルバージョンのニンテンドースイッチ本体が深刻な打撃を受けている中、3月のどうぶつの森バージョンがどれ位確保されていて、又コロナウィルスで生産体制が壊滅している中、復活できるのかというのが気になりますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment