ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

任天堂の据え置きハードは毎回経験値がリセットされて、1からのやり直す際、ユーザーを一般人から募る行為に繋がっているとしたコラム記事。



任天堂の据え置きハードは毎回経験値がリセットされて、1からのやり直す際、ユーザーを一般人から募る行為に繋がっているとしたコラム記事。wii時代からそのようなゲームを一度リセットすると宣言してからですね。


任天堂はファミコンでゲームの日本市場における礎を築き、PCエンジン、メガドライブが出たものの、結局スーパーファミコンがファミコン市場の受け皿になった後、プレイステーションが登場、ゲーム市場が任天堂から離れていきます。

そんな中でも任天堂を支持していた人がN64 、ゲームキューブと支え続けたものの人数は右肩下がりになり、危機感を持った任天堂はゲームそのものを着眼点を見直します。

ゲームのある意味パイオニアだった任天堂は既存のスタイルを捨て去ることを決断、wiiを投入して今までとは全く縁のない人をゲームに参加させる行為を実施します。今までのゲーム機はある意味如何にもゲームを遊ぶ人限定というスタイルで市場に請求してきた中、ゲームを基本触れてはいなかった人を取り込み、世界中で大ヒットしました。

しかし、そこで生まれたリモコンは事実上、wiiUには引き継がれず、ゲームパッドという又新しい試みに勝負に打って出ます。しかし、ここで問題が発生します。

wiiUというある種中途半端な名前を付けてしまったため、wiiからのリセットが行われず、そして、ゲームソフトの延滞、サードの離脱、ゲームの主流を占めていたハードコアゲーマー層の世界的潮流などがあり、任天堂がハブられていきます。

結果wiiで1034万台普及していたのが、wiiUではわずか331万台と3分の1にまで激減してしまます。岩田氏もこの苦戦には正直まいったと思いますが、そこで起死回生のニンテンドースイッチというハードの構想を練り、そして、世に問いかけます。

ニンテンドースイッチ発表会では、ハードコンセプトが伝えられて、アームズや、真女神転生5、セガの名越氏が出てきたりと、まだ未知数さがあったんですが、スイッチはとにかくハードの発売のタイミングが絶妙だったとしか言いようがない最高のスタートを切ることができました。

ここで、スイッチは完全に『リセット』して、しかし、ソフト資産はwiiUから丸ごと受け継ぐというアプローチをとり、ハードコンセプトを毎回リセットするという任天堂、プレイステーションのようにずっとアップデートを繰り返すアプローチをするソニーやXBOXのマイクロソフトなどとは違い、任天堂は毎回が勝負というスタイルを今後スイッチ2という形で安定できるのか注目が今後集まりそうですね。


据え置き機と携帯機がドッキングしたので、DSから3DSへ移行した形も追うことができるので、素直にスイッチ2になるか?というのが見所になりますよね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

Switchでdl購入したソフトは紐付けされます、というような事をSwitch初期頃に言っていた気がします。

2020/03/11 (Wed) 00:22 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。スイッチとソフトは紐づけされるという発言をしていましたね。
そういう意味ではデータが移行できないものもあるので、その辺の扱いが
どうなるかという部分も今後は出てくるかもしれないですね。

2020/03/11 (Wed) 01:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment