ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Doom Eternalは、ニンテンドースイッチを除くすべてのハードで60フレームを実現させていると伝える



Doom Eternalは、ニンテンドースイッチを除くすべてのハードで60フレームを実現させていると伝えていて、その辺はハイレスポンスなゲームなので、フレームレートがかなり影響がありそうな作品の1つですね。


id Softwareは、プレイされたDoomシリーズをプレイする際に、優れたフレームレートを持つことがエクスペリエンスの重要な部分であり、Doom Eternalの状況は変わらないと考えています。ゲームはニンテンドースイッチを除くすべてのプラットフォームで60 FPSで実行されることが確認されています。id SoftwareのリードエンジンプログラマであるKilly Khan氏によると、このゲームはPS4、PS Pro、Xbox One、One S、One Xで60FPSで実行されます。

ツイートで言及されていない唯一のプラットフォームは、明らかな理由であるはずのニンテンドースイッチです。Switchバージョンは他のすべてと一緒にリリースされることはなく、任天堂のハンドヘルドコンソールで30FPSで実行されます。それでも、Doom EternalのようなゲームをSwitchで実行できるというのは、印象的な偉業です。

最近、システム仕様はPCバージョンのゲームに当てはまります。開発者は、すべてのフレームを生成して表示するための機器があれば、最大1000 FPSで実行できると開発者は確信しています。これはいくつかの理由で興味深いものですが、主に、開発者がテクノロジーが何年もかけてどのように成長し、変化するか、そしてイノベーションが非常に迅速に発生する可能性について非常に意識し始めていることを示しているためです。前回のリリースで使用されたエンジンであるid Tech 6は、最大250フレームになる可能性があります。これは、最新のエンジンであるid Tech 7の4倍の増加を意味します。

id Softwareは、幾何学的なディテールの向上、信じられないほどスムーズな戦闘、画面上の敵の同時攻撃など、他の多くのエンジンの改良も行いました。

Doom Eternalは、3月20日にPC、PS4、Xbox One向けにリリースされます。ニンテンドースイッチバージョンのリリース日は現時点では不明です。


関連リンク


60フレームで実現すると伝えられており、スイッチは又別の意味合いがあるので、それ以外ではハイパフォーマンスな出来になっているようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment