ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

任天堂が2月において、最も北米で視聴されたゲームブランドに、その数字は驚異の90%越え



任天堂が2月において、最も北米で視聴されたゲームブランドに、その数字は驚異の90%越えとなっており、それだけ目立っていたらしく、どうぶつの森などのCM展開も始まっているとしていますね。







任天堂の広告部門は先月、別の大きなピークに達したようです!

VentureBeatによると  、任天堂は2020年2月1日から2020年2月29日までテレビで最も多く視聴されたゲームブランドでした。1か月を通して、同社はゲーム業界の広告支出の94.8%をかなり占めました。詳細な内訳は次のとおりです。


任天堂は1,200回以上実行された9つの広告に 推定1,140万ドルを費やしました
これらの広告は4億3300万のテレビ広告のインプレッションを生成しました
最大の配置予算(推定570万ドル)のコマーシャルは、「Switch My Way:Catching Up」でした
Fox、Adult Swim、Comedy Centralは、支出が最も多い3つのネットワークでした
予想通り、任天堂は2020年3月のあつまれどうぶつの森発売日よりも先にスイッチを大きく押し上げている  ようです。もちろん、「Switch My Way:Catching Up」で非常に家族向けのマーケティングを行っています。
トッププログラミングには、スーパーボウル、サウスパーク、American Dadが含まれます


関連リンク


2月は任天堂が圧倒していて、PSもXBOXもおとなしい月だったようですね。スーパーボウルなどにも展開されており、、人の目につく場所での大々的な広告展開をしていますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment