ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Epicゲームズが数社のパブリッシャーがサービスからゲームをブロックした後、NvidiaのGeForce Now を支援に乗り出すと伝える(リライト記事)



Epicゲームズが数社のパブリッシャーがサービスからゲームをブロックした後、NvidiaのGeForce Now を支援に乗り出すと伝える(リライト記事)そこにはどんな考えと可能性を考慮した背景があるのかというところが気になりますね。


Epic Games の創設者兼CEOであるTim Sweeney氏は、数社のパブリッシャーがサービスからゲームをブロックした後、NvidiaのGeForce Now を支援しました。

Activision Blizzard、2K、およびBethesdaはすべてGeForce Now から撤退しました。これにより、プレーヤーは既存のSteamおよびEpic Game Storeライブラリをスマートフォンやラップトップなどの多くのデバイスにストリーミングできます。

GeForce Nowは無料で利用できるほか、月額$ 9.99 /£8.99のサブスクリプションを介して利用できます。また、ゲーム内収益にゼロの課税が課されると伝えられています。

Nvidiaの月間サブスクリプションの収益分割がないことに不満を感じる可能性があるが、サービスから撤退したパブリッシャーはそうする理由を明示的に提供していない。

Epic Games のボスであるTim Sweeney氏は土曜日にTwitterで、ゲーム会社はNvidiaがGeForce Nowで提供しているサービスをサポートすべきだと考えていると書いた。

『Epic Games は、NVIDIAのGeForce NowサービスをFortniteおよび参加を選択したEpic Games Storeのタイトル(限定版を含む)で心からサポートしています。今後、統合を改善していく予定です』

『これは主要なストリーミングサービスの中でデベロッパーにとってもパブリッシャーにとっても最も使いやすいものであり、ゲームの収益に課税されません。誰にとってもより健全な状態にゲーム業界を動かしたいゲーム会社は、この種のサービスをサポートする必要があります!』

『クラウドストリーミングサービスは、iOSおよびGoogle Playの支払い独占と30%の税金を終わらせる重要な役割を果たします』と彼は書いています。Appleは、これらのサービスはiOS上に存在することは許可されておらず、したがって競合することは許可されていないことを宣言しました。

『GoogleがiOSからStadiaをブロックするためにAppleに対してロビー活動を行っている間、GoogleはGeForce NOW、xCloud、およびFortniteをGoogle Playからブロックし、この腐敗した構造全体が崩壊し始めます。』

Nvidiaは、最初の数週間で100万人以上の新しいユーザーがGeForce Nowにサインアップしたと主張し、最近のゲームの削除について保証しました。

ステートメント、NVIDIAGeForceはGM、Phil Eisler氏は、プラットフォームの迅速なユーザーの取り込みを自慢し、サービスが安定するよう、将来的にゲームの削除について主張しました。

『最終的に、ゲーム会社はコンテンツの管理を維持し、購入したゲームにGeForce NOWでのストリーミングが含まれるかどうかを決定します』と彼は言いました。『一方で、GeForce NOWの価値を認識し続けているゲームもあります(詳細については、今後もご期待ください)』。

『移行期間が完了すると、ゲームの削除はほとんどなく、毎週新しいゲームがGeForce NOWに追加されます。』

GMは、GeForce Nowに参加するために1500タイトルが待ち行列に入っていると主張しながら、Cyber​​punk 2077がサービスの健全性の証拠として利用できるという最近の確認を指摘しました。


関連リンク


こうしたサブスプリクションサービスの連携や摸索が続く中、最終的に生き残るのは一握りになるでしょうから、そういう意味でも他の業界でも経験しているサバイバルがいつ本格化するかでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment