ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

3700万円で落札された任天堂プレイステーションが、その落札した人が判明、その他コレクションと一緒に博物館を作りたい抱負を語る



3700万円で落札された任天堂プレイステーションが、その落札した人が判明、その他コレクションと一緒に博物館を作りたい抱負を語るとしていて、単なるお金持ちの道楽ではなかったとしており、これはよかったですよね。


今週初め、珍しい  ニンテンドープレイステーションプロトタイプが約360,000ドルでオンラインでオークションにかけられました。当時、私たちは誰がコンソールを入手したかを知りませんでしたが、今では新しい報告が彼らの身元を明らかにしました!

ニンテンドープレイステーションの新しい所有者は、90年代後半のWebサイトであるPets.comの創設者である Greg McLemore氏にほかなりません。McLemore氏自身もゲームの世界に慣れていないため、約800台のコイン式アーケードマシンやその他のアンティーク(コンソール、雑誌など)も収集しています。

最良の部分は、 Greg McLemore氏も彼の最新の追加を世間の目から遠ざけるつもりはないということです。フォーブスとのインタビューの中で、 Greg McLemore氏は、コレクション全体と任天堂のプレイステーションを持ち込んで永久的なゲーム博物館を設立したいと述べました。

『私は、この機械をどこかクローゼットの中に埋めないようにしています。』

『ゲームへの情熱を共有することに興味があります...私が注力している分野の1つは、初期のアーケードゲームがどのようにビデオゲームに影響を与えたか、初期のビデオゲームが後のイノベーションにどのように影響したかなど、ゲームの進化です。任天堂のプレイステーションはこの焦点にぴったり合っていると思います。』


関連リンク


一般展示ができるようにしたいと構想を語っているので、とりあえず落札者の行方に対しては最善の人にあたったといえそうですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment