ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox Series Xの価格はいったい幾らになるのか、その理想像と現実的着地点を探る(リライト記事)



Xbox Series Xの価格はいったい幾らになるのか、その理想像と現実的着地点を探る(リライト記事)これよりローエンドモデルが出えるという噂も浮上していますから、その辺の兼ね合いもあるのかもしれないですね。



Xbox Series Xに期待すること
マイクロソフトは、Xbox Series Xに向けて準備を進めています。XboxSeries Xは、今年登場する次世代ゲームコンソールです。今回の発表は、120Hzで8Kおよび4Kをターゲットにしながら、グラフィックの忠実度を大幅に飛躍させるために、パフォーマンスの約束で高い水準を設定しました。


XboxSeries Xは、最高レベルのハードウェアとの出力の間で、ゲーム愛好家を対象としています。最新のAMDハードウェアはコアにあり、Xbox One Xの4倍の処理能力を実現するAMD Zen 2 CPUおよびNavi GPUテクノロジーを搭載しています。高帯域幅GGDR6 RAMと独自のソリッドステートドライブ(SSD)により進化しているものの、それらは費用なしではない。

マイクロソフトは、E3 2019またはThe Game Awards 2019でXbox Series Xの価格について議論するのをやめ、最終的なハードウェア構成と小売価格を打ち出しました。具体的な詳細はほとんどありませんが、基盤は強力なプラットフォームをサポートでき、予算にやさしい価格から逸脱する可能性があります。

Xbox Series Xの価格はいくらですか?

マイクロソフトはまだXboxSeries Xの価格を確約していませんが、正式な発表の前に期待値を設定しています。パワフルな仕様で満たされた最先端のデバイスとして、最終的なコンソールは高価になる可能性があります。

Xbox Oneの初期価格を考えると、XboxSeries Xの見積もりがどこに当てはまるかは明らかです。オリジナルのXbox Oneは499ドルの小売価格(不運なKinectにバンドルされているものの)で2013年にデビューし、4K駆動のXbox One Xは2017年にこれに一致しました。 又はそのハードウェアをサポートするために高くプッシュする場合があります。

過去のコンソールと同様に、マイクロソフトは2020年にパフォーマンスと比較的手頃な価格のバランスをとる必要があります。そのバランスをとる行為は、今後1年間、XboxSeries Xの野心とより広範なXboxプラットフォームの中核をなすものです。

マイクロソフトのXbox One Xは、このコンソール市場のトップランナーであり、何百ものタイトルで4Kゲームを提供しています。その価格はXboxSeries Xがすぐ迫っており、未だ2019年の推奨コンソールのままであるため、これまでよりも低くなっています。


関連リンク


やはりターゲットプライスは499ドルの可能性が高く、それに伴いXBOXOneXも価格が改訂されそうですね。その辺も踏まえて今後のXBOX展開の在り方をどうナビゲートしていくかでしょうね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment