ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

小島氏が一連の大手メディア等の海外レビューはある種の百科事典のような価値と意味合いが持たされていると感じていると伝える



小島氏が一連の大手メディア等の海外レビューはある種の百科事典のような価値と意味合いが持たされていると感じているとしていて、それだけ権威的な意味合いもあって、その辺はクリエイターとして感じるところがあるようですね。



小島秀夫氏は、Death Strandingのレビュースコアについて『百科事典的な知識』を持ち、シューティングゲームに対するアメリカの嗜好がPS4限定のスコアの低下につながったと伝えられています。

Death StrandingのMetascoreは現在、集約サイトMetacriticの82にあり、120のレビュースコアは35/100から満点までの範囲です。公開時点では、ゲームのユーザースコアは7.2です。

最近発表されたによると、ニューヨーク・タイムズのプロファイル、小島氏はを参照してそうである『アメリカのゲームプレス』の下位レビューで『やや困った』ように見えたIGNの6.8レビューやから7/10のスコアUSGamerとゲームインフォーマ等が続きます。

『アメリカでは、彼らはシューティングゲームに慣れているので、飲み込んでしまうことはありません』と小島は同誌に語った。『大丈夫です; 誰もが自分の欲しいものを評価できます。』

小島は、当時のメタルギアソリッドゲームのステルスコンセプトと同様の抵抗を見たことを報告した。『3〜5年後には、人々が何を言うかを見るでしょう。』

ゲームのMetacriticスコアの分析から、これは事実ではないことが示唆されていますが、Death Strandingはヨーロッパで比較的良いレビューをしたことが示唆されています。


Metacriticで最も低いDeath Strandingレビュースコアの大半は、実際にはVG247(3/5)、Digital Spy(3/5)、Ausgamers(6/10)、Edge(6/10)、Gamingなどのヨーロッパおよびオーストラリアのパブリッシャーからのものです。Spy(6/10)、Aus Gamers(6/10)、VGC(3/5)。IGNの6.8レビューは、オーストラリアのオフィスでも取り上げられました。

発売時、北米のパブリッシャーのGamespot、Washington Post、EGMはすべて、Death Strandingのレビュースコアを10点中9点または10点とし、一部の分析では、Death Strandingの平均Metascoreは北米、ヨーロッパ、アジアで大きく変わらないことが示唆されました。

11月に公開された別のインタビューで、小島氏は、ゲームのユニークなデザインのために、Death Strandingに対する『肯定的および否定的な反応』を期待していると主張しました。

『これは、映画やゲームでも新しいことをしようとすると発生します』と小島氏はPlayStation Accessに語った。『人々が今まで経験したことのない何かに直面している場合、それは困難な場合があります。ステルスタイトルを最初にやったときも同じだった。』

『しかし、私はファンからの支援を得ることを望んでいます。その積極性が広がるでしょう。そして、5年後または10年後に、人々はDeath Strandingを新しいフォーマットとして振り返るでしょう。それから、新しいものをもう一度作成してみます。』

Death Strandingは、2020年6月2日にPC向けにリリースされます。


関連リンク


ある意味すべての人には受け入れられないと感じていたんでしょうね。そういう意味では新しいものを作った際、それにリアルに反応する層と、拒否する層がありますから、その辺を考えているみたいですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment