ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

プレイステーションプラスとしてフリープレイが実現するソニックフォース海外レビュー、操作性に難があり、ゲーム性にも欠落が見られ、ストーリーも一貫性が無いと指摘



プレイステーションプラスとしてフリープレイが実現するソニックフォース海外レビュー、操作性に難があり、ゲーム性にも欠落が見られ、ストーリーも一貫性が無いと指摘されていて、ファンからの評判も悪かったですよね。


ある意味では、ソニックフォースは若いファン層がまさに望んでいるものです。Sonic Unleashed、Generations、そして任天堂専用のColorsをプレイして育った人たちは、これがそのブランドの3Dブルーブラーアクションへの回帰であることを学ぶことにきっと興奮するでしょう。ソニックフォースが仕事を削減したのは、3つの異なるプレイスタイルが長年にわたってさまざまな程度の批判に耐えてきた確立されたフォーミュラの改善であると他の人に確信させることです。

残念ながら、すべての人にアピールするために、ソニックチームは自分自身と対立するようなゲームを作りました。主な犯罪者は物語です。エッグマンは、最初の対決でソニックを素早く倒す、神秘的で強力なインフィニットと同盟を結びました。数ヶ月が経ち、世界はエッグマンと彼の仲間が支配しましたが、ソニックの多色の友人のアンサンブルは抵抗を形成しました。問題は、プロット自体の問題ではなく、書かれた方法の問題です。例:ゲームの早い段階で、クロコダイルのベクターは『ああ、それは良くない』と言っており、ナックルズは『これはどれも良くない、ベクター。それが戦争と呼ばれる理由です』定期的かつ著しいトーンの一貫性がありません。

この揺らぐ物語の一部は、カスタムキャラクターの紹介であり、カスタムキャラクターは独自のレベルで主演します。最初に種を選び、それぞれに固有の特性があります。例えば、私たちは猫を連れて行きました。あなたがダメージを受けたとき、それはいくつかの指輪を保持します。次に、選択した動物の外観を変更し、衣装アイテムのロックを解除したら、選択した帽子、服、靴、アクセサリーでキットを作成できます。レベルを終了するたびに5〜6個の新しいアイテムが付与されるため、長い間選択肢が不足することはありません。

また、アバターにWisponを装備します。Wisponは、レベル中にエッグマンのロボット軍団と戦うために使用する武器です。稲妻の鞭や敵をプラットフォームに変えることができるものなど、ロックを解除するものがいくつかありますが、開始時に与えられる火炎放射器の武器はまた有用です。それは基本的にモダンソニックのホーミング攻撃ですが、あなたのキャラクターとソニックスとグラップリングフックの差別化要因として機能します。

しかし、レベル自体は乱雑に設計されており、モダンソニックのレベルほど速くはなく、クラシックなソニックのようにプラットフォームが重いという奇妙な中間スペースに座っています。種とWisponsの非常に多くの異なる組み合わせを考慮する必要があるという事実は、レベルがかなり大きいだけでなくかなり空ぶりであることを意味し、物語の同様に、アバターレベルがどのようにプレーするかに関して明らかに苦労がありました。

どちらのソニックが主演するレベルは、説明するのがより簡単で、より楽しいです。全体のレベル設計は大雑把ですが、ソニックステージは一般的に優れています。モダンソニックには、すべてが流れ、ステージを突破し、記録的な速さでSランクを獲得し、レベルを破る瞬間があります。とはいえ、モダンソニックのゲームプレイにはまだ問題があります。ジャンプは判断するのが難しく、ホーミング攻撃がうまく機能しないことがあります。また、非常に速く移動するので、レベルを見る前に叫ぶことがあります。多くの場合、最も印象的なスタント中にコントロールが奪われ、2Dに切り替かわってもコントロール問題は解決しません。

2Dといえば、クラシックソニックのレベルは少し良くなります。繰り返しになりますが、設計は特に興味深いものではありませんが、ステージはより遅いアプローチとより思慮深いプラットフォームの課題から恩恵を受けます。しかし、クラシックソニックについてのことは、私たち全員が数ヶ月前にソニックマニアと呼ばれる小さなゲームを楽しんだということです。

クラシックなソニックレベルで見られるプラットフォーム化アクションは、実際にはゼロではありません。モダンソニックと同じように、ジャンプは不正確であり、操作するのが難しいですが、クラシックステージの90%が計算されたジャンプをプラットフォームや敵にかけるためのものです。

少なくともすべてはまともに見え、シャープな画像品質、カラフルな環境、しっかりしたフレームレートを備えています。音楽についても言及する価値があります。モダンなソニックのキャッチーなアップテンポのトラックとクラシックなソニックのより伝統的なサウンドに加えて、素晴らしいオーケストラ作品があります。悲しいことに、それらがゲームの欠陥から注意をそらすだけでは十分ではありません。

ソニックフォースはフランチャイズにとっては残念な後退です。面白くないレベルデザインと3人のプレイ可能なすべてのキャラクターの劣ったゲームプレイは、ゲームをクリアするのにイライラすることがあります。ナンセンスな物語は不十分に書かれており、マライア・キャリーよりも多くの音色を変化させ、アイスキューブを背中に置いています。このゲームは、ターゲットとする若い視聴者にとっては完璧であり、彼らはそれが何であるかを楽しんでいると確信していますが、ソニックマニアの大成功のおかげで、3Dソニックが常に直面している問題は無視するのがはるかに難しくなっています。


関連リンク


いわゆる酷評というレベルになっており、3Dソニックの抱える問題は解決されていないとしており、モダンソニックを純粋に発展させるだけでいいんですが、何かしらの付加価値要素をつける際、それが問題になることが多いブランドですね。

 [ゲーム]海外レビュー

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

ちなみに今月のXbox One有料会員の無料ダウンロードタイトルは高評価の

ソニックジェネレーション(xbox one Xエンハンス対応)らしい。

2020/03/01 (Sun) 09:18 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですかー。ジェネレーションのほうが高評価ですよね。
ソニックのクオリティがモダンソニックでは一番いい出来ですね。
次回作のその頃のソニックに戻ればいいんですが・・

2020/03/01 (Sun) 10:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment