ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

モンスターハンターワールドアイスボーンの開発人数は300人以上にも及んでいたと辻本氏が発言



モンスターハンターワールドアイスボーンの開発人数は300人以上にも及んでいたと辻本氏が発言していて、まさに日本を代表するゲームの1本に成長したのは間違いないクオリティと開発規模といえそうですよね。


モンスターハンターワールドの大規模なアイスボーンエクスパンションをプレイするとき、カプコンがどれだけの労力を投入したかを見るのは驚くべきことです。Rajang、Stygian Zinogre、Safi'jiiva、近日公開予定のRaging BrachydiosおよびFurious Rajangなど、リリース後のコンテンツも多数あります。ちょうど何人がゲームに取り組んでいますか?

結局のところ、プロデューサー辻本良三氏によると300人以上であり、カプコンの公式サイトでのインタビューで、彼は次のように述べています。『それはフェーズに依存しますが、300人以上がゲームに取り組んでいます。カプコンのゲーム開発は2つの大きなグループに分かれており、Iceborneチームは約700人のコンシューマゲーム第2開発部門一部です。そのため、そこから世界のチームの範囲を理解できます。』

すべてをリードしているのは一人だけではありません。『一人でプロジェクトを管理するのではなく、各セクションに物事を管理するリーダーがいます。また、スタッフを育成できる環境を構築しています。毎年、当社では100人を超える新卒者を歓迎しているため、各セクションのリーダーがトレーニングを支援しています』と辻本氏は語っています。

モンスターハンターワールドは世界中で1500万台以上を販売しており、カプコンのベストセラータイトルをロングショットにしました。Iceborneはまた、世界中で450万台の出荷を達成し、かなりの成果を上げています。それにもかかわらず、辻本氏は他のカプコンIPと比較して『比較的若いシリーズ』であると考え、『ブランドをさらに推進し続けたい』と考えています。

『カプコンの他の主要IPと比較して、モンスターハンターはまだ比較的若いシリーズです。世界の誰もがWorldやIceborneについて知っているとは思いません。日本でも、新世代のプレーヤーが登場します。このシリーズへの関与を開始してから、モンスターハンターをゲームの枠を超えて世界に広めたいと思っていました。過去15年間、私たちは一生懸命働いてきましたが、まだ目標を達成していません。イベントから映画など、私たちはブランドをさらに推進していきます。』


関連リンク


カプコンは目標やビジョン、そして、方向性がしっかりと定まっており、700人以上がCS開発に携わる大きな会社組織になっており、この会社に適うメーカーはちょっと日本のサードでは見つからないでしょうね。 

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment