ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Take-Two子会社Private DivisionがKerbal Space Program Developmentの新しいスタジオを設立へ



Take-Two子会社Private DivisionがKerbal Space Program Developmentの新しいスタジオを設立へとしていて、いろんな動きが最近起こっている中での1つの例としていて、どんな目的で作られたのかというところですね。


Take-Two子会社のPrivate Divisionに、Kerbal Space Programの将来に向けた大きな計画があります。これらの計画は非常に重要であるため、Private Divisionは、シアトルに拠点を置く新しいスタジオをKerbal Space Program 2の開発のために開設しています。

業界アナリストのダニエル・アーマッド氏は、次のツイッター投稿でニュースを中継しました。この投稿には、発表のプレスリリースからの適切な抜粋が含まれています。

続編の元の開発チームのメンバーは、新しいパブリッシャー所有のスタジオの主要部分を務めています。これらの主要メンバーには、スタジオヘッドのeremy Ables氏、クリエイティブディレクターのNate Simpson氏、リードプロデューサーのNate Robinson氏が含まれます。3人すべては、2020年4月1日から2020年3月31日までの2021年度に開始される予定のフォローアップの作業を継続する予定です。

声明の中で、EVPでプライベート部門の企業開発責任者であるMichael Worosz氏は、2017年にIPを取得して以来、Kerbal Space Programの新しいコンテンツを立ち上げるというデベロッパーのコミットメントに注目しました。KSPの進行中の開発のみに専念することは、Kerbal Space Program 2以降のファンとプレイヤーに最高の体験をもたらすという当社の約束を強化するものです。

スタジオメンバーのNate Simpson氏とNate Robinson氏は、『スタジオアップデート』ビデオで特集し、今後のチームの計画の概要を説明します。開発者は現在あまり多くの情報を明かすことはできませんが、今後数か月のうちにいくつかの『機能ビデオ』がリリースされる予定です。


関連リンク


まだ多くは語られていないとしていて、今後活動を通じでどんな声明を出していくのかというところであって、オリジナリティのあるゲームを提供していく姿勢を見せているようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment