ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS4版『ヴァンキッシュ』海外レビュー、10年という歳月を感じさせないアクションの楽しさ、PS4PROでは4k60フレームになり、よりゲームが鮮明化される



PS4版『ヴァンキッシュ』海外レビュー、10年という歳月を感じさせないアクションの楽しさ、PS4PROでは4k60フレームになり、よりゲームが鮮明化されると伝えていて、ゲームの楽しさは普遍的なものがあるようですね。


10年前のリリース以来、Vanquishのようなものはありませんでした。テンポの速いスタイリッシュな3人称シューティングゲームは、多忙なアクション、印象的なボスの戦い、ひざまずくカオスのおかげで、すぐにプラチナゲームズの最も記憶に残るジョイントの1つになりました。それは開発者の熱心なファン層とうまくいった経験であり、10年後、それはあなたの時間の価値を与え続けるそれらのコアとなる柱です。Vanquishはまだとても楽しいです。

ただし、帰りの旅行をする人にとっては、これがあなたが得ることのできるリマスターの基本的なものであることは注目に値します。あなたは、マスターするのが困難な課題のコレクションと一緒に取り組むために元の5時間のキャンペーンを持っています。PS4 Proバージョンは、4Kビジュアルと60フレーム/秒を提供してゲームプレイをよりスムーズにしますが、ボーナス機能や新しいモードはありません。これは、最もハードコアなファンだけが繰り返し鑑賞できるベアボーンリリースです。

Vanquishの最初のPS3リリースは、最もクリーンな環境でさえも汚れて汚れているように見えるアートスタイルを誇示していました。当時は奇妙な選択でしたが、10年後も特に成果を上げることはありません。改善されたビジュアルは、太陽光の下で輝く真珠のような白い外側ケーシングでこれまで以上に良く見える拡張反応スーツを作り、主人公のサムギデオンと一部のキャストメンバーのための強化された顔の特徴もあります。残念ながら、一部のキャラクターはまだソニーの最後の世代のコンソールに閉じ込められているように見えますが、物語にとって最も重要なものを現代に持ち込むために十分な作業が行われています。

ただし、タイトルの環境についても同じことが言えません。遠くにある建物や構造物は定期的にぼやけて見えますが、あるエリアと次のエリアをつなぐ鈍い廊下は単調で活気がありません。セガは、これらの失敗を修正するためにできることは多かったかもしれませんが、それでも視覚的には半分の時間を刺激するだけの経験になります。

ただし、Vanquishが輝いているのはゲームプレイであり、その素晴らしいメカニズムの特定のセットはほとんどそのまま維持されています。実際、フレームレートのブーストにより、これまで以上に優れたゲームが実現します。スムーズで直感的なコントロールは簡単に習得でき、膨大な数の武器のいずれかからの射撃は快適であり、一連のヘッドショットを設定するためにARモードで時間を遅くすることは、これまでに行った最もクールなことの1つです。1秒あたり60フレームでプレイすると、これらの機能のすべてが強化され、すでにプレイされたタイトルが素晴らしいゲームプレイに変わります。

ただし、ARモードで費やされる時間の長さを決定するのと同じブースターは、世界最高のギターソロの最中にひざまずいたかのように、床に沿ってスピードを上げる能力も付与します。それは戦闘をスピードと射撃の間のダンスに変える驚異的なメカニックです。敵を側面から追い払い、後ろから恐怖を降らせるために戦場についてジッピングします。階段の高速化、巨大なレーザービームの邪魔をするためのクロックとの競争、または敵の車両を取り出すための近くの砲塔への突進など、スライドはあらゆる段階でなくてはならないものです。

NieR:Automataで見られる出会いの前奏曲のようにさえ感じられる特定の戦闘で、ゲームがさらに創造的になるボス戦中です。一般的な要点では、十分なダメージが与えられたときにコアを明らかにするために、ロボット戦闘機の体全体の特定の弱点をターゲットにします。それを破壊すればコンテストに勝つことができますが、ボスのデザインの違いにより、それぞれの出会いに価値があります。残念ながら、ワンヒットキルは依然として非常に一般的なフラストレーションですが、QTEに故意に失敗したことに基づいてその形を変えると、立ち上がって拍手する必要があります。

結論
リマスターとしては基本的なことかもしれませんが、VanquishはPS4での月日に耐えることができます。プラチナゲームズの最高の体験の1つは、スライドに代表される、楽しくてペースの速いアクションにあふれており、これを最大限に活用する新たな命を吹き込んでいます。


関連リンク


このゲームに続編が出なかったのは制作したのが三上氏で現TANGO社長ですから、勿体無かったですよね。リマスターという形で日の目を見たのはよかったですね。

 [ゲーム]海外レビュー

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment