ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

UBIソフトは未だに発売が定かではない映画『アバター』のゲームの制作に取り組んでいると伝える



UBIソフトは未だに発売が定かではない映画『アバター』のゲームの制作に取り組んでいると伝えていて、映画が2009年公開ですから、すでに11年の月日が流れてしまっていて、いつどのタイミングで出す気でいるのか?



開発者のUbisoft MassiveがAvatarゲームについての更新を共有してからかなりの時間が経ちました。現時点では、あっという間に劇的に変化するようには見えません。ただし、チームは少なくともプロジェクトが本番のままであることを関心のある人に知らせたいと思っています。

開発未だに進行中であることの確認は別として、このパブリッシングは具体的な詳細についてはあまり受け取っていません。ゲームがまだ開発中かどうかについて、プロデューサーのジェスパー・カラバノフ氏は、『はい、しかし、それについて話すことはできません。』と繰り返し発言しました。

Ubiソフトは2017年2月にアバタープロジェクトを発表しました。その時点で確認された情報は、Pandoraの設定とNa'viの組み込みに関する情報のみでした。明らかに、この面ではそれほど変化はありません。

最新のニュースは2018年12月に届きましたが、Ubiソフトから直接届いたものではありません。代わりに、 James CameronのAvatarシリーズの背後にある映画配給会社である20th Century Foxからの商標出願のおかげで、更新が表面化しました。特にビデオゲームに関連するアプリケーションには、『Avatar:パンドラライジング』というタイトルが付いています。現在、 提出された欧州連合知的財産局(EUIPO)のリストは、商標が2019年5月に『登録および公開』されたことを示しています。

このレートでは、Ubiソフトがいつ詳細を明らかにする準備ができているかは誰でも推測できます。ただし、2021年初頭までに誰も打ち上げを予測するべきではありません。Ubiソフトは最近、そのAAAゲームの5つが2021年以前に当たることを明らかにした。Avatarは、それが束の中に含まれているかのようには見えません。


関連リンク


ゲーム化を表明したのは意外にも遅かったんですね。それから数年が経過して、それでも動きが無いとしており、プロジェクト自体がどんな紆余曲折を経ているのかといえそう。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment