ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS4&XBOXOneでリリースされている『鉄拳7』の売り上げが500万本を超える



PS4&XBOXOneでリリースされている『鉄拳7』の売り上げが500万本を超えるとしていて、大ヒットしている背景にはeスポーツの貢献がありそうですが、それ以外にも古くからのゲーマーなどにも支持されていそうですね。




バンダイナムコの鉄拳7は、2019年末までに500万台以上を販売し、新しい販売マイルストーンを達成しました。この数字は、シリーズディレクターの原田氏がTwitterで報告しました。日本向けに2015年にアーケードで最初にリリースされた格闘ゲームがPS4、Xbox One、PCの世界的な発売は2017年6月に続きます。

鉄拳7は、批評家の称賛の中で、発売以来多くのアップデートと新しい戦闘機を受け取りました。現在、シーズン3は進行中です。ザフィーナなどが利用可能であり、リロイスミスが最近名簿に加わりました。新しいキャラクターで帰還伝説のファクラムとガンリュウもそれぞれ登場します。

しかし、特に最新のイテレーションがカプコンのストリートファイター5よりも短い期間でより多く売れたので、鉄拳の次は何ですか?もちろん、短期的にはより多くのDLCファイターがいますが、将来を予測するのは困難です。それまでの間、今後のファイターのリリース日や、フレームデータ表示などのプレイの質の向上にご注目ください。


関連リンク


鉄拳7はマルチプラットで正解でしたね。ストリートファイターの場合、売り上げを明らかに落としたので、その辺は今後のフランチャイズの行方が心配になりますが、鉄拳8はPS5とXBOXシリーズXでという流れでしょうね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

原田さんは話が面白いですし、ゲストキャラの参戦も鉄拳のイメージを壊すため敢えてやっている部分もあるようです。よく考えられているので納得の売上だと思います。

2020/02/15 (Sat) 21:08 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

なるほど、そういう創意工夫もあるんですね。サービス精神も
長けている人ならばゲームもよい方向に向かいますよね。
今後も成功例を続けていってほしいですね。

2020/02/15 (Sat) 22:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment