ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ウィッチャー3がニンテンドースイッチ版が発売されて以来、脅威の554%売り上げアップを果たしたことを報告



ウィッチャー3がニンテンドースイッチ版が発売されて以来、脅威の554%売り上げアップを果たしたことを報告していて、それがどれ位のインパクトがある出来事だったのかというのを伝えているものですね。


ウィッチャー3 は、このコンソール世代に登場した最も有名なゲームの1つとして、既に非常に売れているゲームでしたが、2019年にはCD Projekt REDとSabre Interactiveが不可能なことを行い、ゲームもスイッチにもたらしました。そして、それがポートの驚くべき品質のためか、ウィッチャー3をポケットに入れることの新しさのためか、その両方の組み合わせであるかどうかにかかわらず、ゲームのスイッチバージョンは非常によく売れました。

新しいレポート、NPDグループは、その成功を置きます。ウィッチャー3の スイッチの発売は、2019年第4四半期のゲームの売り上げの急増と一致し、2019年12月には2018年12月よりも554%多いコピーを販売しました。

もちろん、NetflixのThe Witcher シリーズもゲームの復活の人気の要因であり、過去2か月間、そのことを示す多くの証拠がありました。実際、NPDグループによると、Netflixシリーズのおかげで、スイッチ版を考慮しなくても、ゲームの売上は前年比で63%増加しました-それほど印象的ではありませんが、大したことではないとは言い切れません。

CD Projekt REDは、Cyber​​punk 2077がThe Witcher 3が明らかに持っているような長寿命を持つことを期待しているだけです。


関連リンク


このようなわかっているメーカーはスイッチに移植して大成功を収めていたりしますが、特に日本のメーカーは消極的なところも多く、市場の機会損失というのが見て取れる会社もありますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment