ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

現時点での任天堂プレイステーションの最高落札額が35万ドルで、その額を提示したのがOculus VRの創設者であるPalmer Luckey氏であると伝わり話題に



現時点での任天堂プレイステーションの最高落札額が35万ドルで、その額を提示したのがOculus VRの創設者であるPalmer Luckey氏であると伝わり話題になっているとしていて、筋金入りのマニアなのかどうか?


Oculus VRの創設者であるPalmer Luckey氏は、任天堂 PlayStationの唯一のプロトタイプの現在の最高入札者であると主張しています。

現在、このアイテムの入札価格は35万ドルで、これはゲームの記念品の記録価格(昨年のスーパーマリオブラザーズの封印されたコピー)の3倍以上です。

木曜日に投稿されたツイートで、推定7億ドルの純資産を持っている元Oculusのボスは、任天堂のPlayStationに入札したことを明らかにし、『物理的なビデオゲームの歴史をデジタル化し保存することを求めている』と述べた。

Palmer Luckey氏は、『最大のビデオゲームコレクション』を所有していると主張しました。『パーフェクトVRは元の体験を永遠に保証しますが、その間もこれらの機能を維持し、機能させる必要があります。』

Palmer Luckey氏は、希少なデバイスを公立博物館に寄付するのではなく、個人コレクションのために任天堂のプレイステーションプロトタイプを購入しようとした理由に異議を唱えました。

『一般に公開されるかどうかは時間の問題です。それまでは物事を控えめにしています。私はこれまでに構築された最先端のビデオゲームストレージ施設でオリジナルのコピーを保存しています。』

Luckey氏はOculus VRを2014年にFacebookに約30億ドルで売却しました。彼は、当時の大統領候補であるドナルド・トランプ氏に対する公的な支持を受けて、2017年に解雇されたと伝えられています。

任天堂プレイステーションプロトタイプは、1990年代初頭にソニーが任天堂との失敗したパートナーシップのために作った200ユニットの1つと言われています。これはビデオゲームへの最初の大きな動きであり、最終的には単独で市場に参入しました。

PlayStationはもともと、スーパー任天堂のCDアドオンとして想定されていました。これにより、任天堂のコンソールは、処理能力と速度が大幅に向上します。

オークションにかけられたプロトタイプ-他のすべてが破壊されたと想定される世界で最後の残っていると言われる1つで、かつてソニーのゲーム部門の最初のCEO 、Olaf Olafsson氏によって所有されていました。

Olaf Olafsson氏がソニーを離れてアドバンタ銀行に入社したとき、彼はプロトタイプを一緒に持ち出し、最終的には会社の破産に続いてオークションに巻き込まれました。


関連リンク


お金がある人、月に行きたい人やヒカキンなど、日本のセレブも参加したらより白熱しますが、このまま決するか?

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment